アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

D'Addarioのフォスファーブロンズ弦 コーテイングがあるか無いかに感じるその差

2017年に入り、メインで使用している「YAMAHA L-10ES」。今年2月中古で購入したこのアコギは1980年代前半のモデルで、製作されて35年経過している事もあってかかなり鳴ってくれます。ただこのモデルが所有する他の2本と比べて、鳴ってくれるように思うのは使…

工芸品以上の価値を感じるストリングワインダー 値段はプライスレス!...のはずが

アコギ弦を交換する際に、ペグを回すのに便利な「ストリングワインダー」。これがあると無しでな作業時間がかなり変わりますが、 JR-SW -Wooden String Winder- | ITEMS(製品情報) | Aria Guitars コチラ↑↑のストリングワインダーはなんとも高価。定価1000…

50周年記念モデル『Premium W-50th』発売 なぜか縁がないMorrisとの関係を振り返る

国産ブランドが好きな僕ですが、なぜかMorris(モーリス)は所有したことがありません。初めてアコギを購入する際、結果購入したのは「YAMAHA FG-300D」ですが、対抗馬には「Morris」とTOKAIの「Cat's Eyes」。アコギを初めて、そう時間が経ってたわけでない…

お手軽ピックアップ「FISHMAN Neo-D」の弱点2点を克服するためにやってみたい事

『所有しているピックアップ(PU)を何とか有効活用できないか?』その所有しているPUとは、 FISHMAN Neo-D Magnetic Soundhole Pickup Humbucking価格:15120円(税込、送料別) (2017/6/15時点) コチラ↑↑の「FISHMAN Neo-D ハムバッキング」。アコギに加工…

YAMAHAの最新技術をまとったアコギ、郷愁を持ち合わせたシンプルなアコギ 弾いて感じた示唆

やはりと言うか当然と言うか、YAMAHA(ヤマハ)がトランスアコースティックギターのラインナップを拡大させているよう。 www.ikebe-gakki-pb.comドレッドノートスタイルのナチュラルカラーのみのラインナップから、サンバーストカラーやフォークサイズのFSボ…

コレ面白そう、楽しそうなアコギとの向き合い方 非日常より日常にマッチしたい

なかなか買えぬと思っていても、非日常なギターと思いながらコンパクトサイズのギターに感じる不思議な魅力。家族が揃っているリビングでテレビ見ながら弾くとか、旅行のお供にってシーンなどほぼないにもかかわらず、なぜかそこにある欲しくなる魅力。当然…

使用中に誰かに見られない注意は必要も、思いっきり声がだせない方には朗報かも?

先日新しい曲ができたんで、自分の中でメロディー固定させる意味もあって録音を。で、その録音の音源を聞いて思った事『歌が囁いているよう』な感じに。メロディーをおっかなびっくり追いかけている事もあるんでしょうが、自宅での録音は周りが気になり思い…