アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

雑文~アコギ

アコギ保管時の弦を弛めべきかの論争 はっきり断言しているクラフトマンの言葉と愛器

以前も書いたことがあるアコギの保管について。保管時に弦を弛めるべきかを再度考えてみる事に。といっても実は僕の中では答えが出ているんですが。以前ある方のアコギを借りた後、返却した後に『弾いた後は弦を弛めないんですか?』と言われて、おそらくそ…

しっくり感を確かめたい 音や弾きやすさが見極めれなくてもアコギ購入にはぜひ実物を

人それぞれのお考えがあるので、いい悪いって話ではないですが、自分とは違うなと思う事はあります。先日某楽器店へ消耗品を購入しようと行った際の話。新品だけでなく中古のアコギも販売されているお店。店員さんがアコギを抱えながら電話をされている様子…

魅力的なカッタウェイモデル そのくびれに憧れながら手放した歴史を忘れるな

海外工場で生産され日本で最終調整されるHEADWAY(ヘッドウェイ)のJTシリーズ。お手頃モデルでありながら、国内職人の調整付きということもあってお買い得と考える方もいるのではと。そのJTシリーズにピックアップ(PU)付きのカッタウェイモデルが追加され…

名器がいい音とは限らない? 改めて思う好きな音といい音の違い

K.YAIRIのオフィシャルブログで道前氏がストラディバリさんの名器と現代のものとの聴き比べの記事があり興味深く読ませていただきました。 と書かれているので早速そのニュースをチェック。要約すると現代のバイオリンとストラディバリを聴衆が聞き分けた際…

弦を弛めるべきかどうか その答えはたった一つではなく、アコギ毎に違う答えがあるのかも

アコギを取り扱う上で、色々意見が分かれるのは 「弾いた後の弦を緩めるかどうか?」という事。 K.YAIRIファンの僕は、公式ページに書いてある 頻繁にお使いいただくギターであれば、 毎度弛める必要はありません。 という言葉を信じて、よっぽどの事が無い…

Fenderミニアコギ 目に見えないモノは感じれない 存在を疑う宣伝文句はいかがなものか

ミニギターと呼ぶには大きいかもですが コンパクトな、そして少し変わったアコギがFender(フェンダー)から発表。 Fenderのアコギと言えば ストラトのヘッドが特徴ですが、このミニギターにも 採用されていて、見た瞬間からFenderとアピールしてます。 Fend…

サウンドメッセ in OSAKA 2017 紹介ページを見ながら、イベント以外の楽しみ発見!

『きっと目に毒なんだろうなぁ~』と思いながら 案内を見るたびワクワクしちゃいます。 サウンドメッセ in OSAKA 2017。 大手ブランドだけでなく、有名楽器店が集うこのイベント。 きっと色々な誘惑に満ちたイベントになるでしょう。 4月15日、16日開催です…

「アコギ」という言葉について 「生ギター」「フォークギター」その言葉で各々がイメージするもの

よくコチラでは「アコギ」という言葉を使い ブログタイトルからも意識的にしている事もあります。 さて、このアコギは「アコースティックギター」の事であり いわゆる 「生ギター」 からの言葉ですが 僕がコチラで書いている記事は、 「アコギ」という言葉を…

街はお祭り騒ぎ「NAMM Show 2017」 発表されてるアコギまでお祭り気分も心はややブルー

あちらこちらで、アメリカで毎年1月開催の NAMM Show の記事を色々見ますんで、少し触れておくと 本当にお祭りですね。 色々なジャンルの楽器ブランドが 新製品を続々と発表されており、 日本にいつ展開されるのか...とワクワクもするわけですが コチラの…

楽器店にて それぞれの事情、それぞれの欲しいモデル、そしてそれぞれの予算の違い

楽器店をのぞいた時の話。 若い女性が、あれこれと物色されているのを見てか 店員さんが、近づいて行かれました。 「ギターをされているんですか?」 (店員) 「はい」 (若い女性客) 「今はどのようなギターを弾いてるんですか?」(店員) 「中古でよく…

ドレッドノート 大きさではなくそのシェイプに惚れた いつ見てもどこで見てもカッコいいその姿

ドレッドノートシェイプが大好きで メインの「YW-1000」だけでなく、「YW-K13-MAP」もあり 所有する3分の2がこの形。 ただドレッドノートが好きなのはその大きさではなく 好きなのはそのシェイプ。 なので、例えばYAMAHA(ヤマハ)のように メーカー専用ドレ…

人それぞれの弾き方で異なる場所に 自分では付ける事のない傷をみて感じる新たな歴史

年明けから愛器「YW-1000」を弾いていると ふと気づいたこと。それは 傷が増えたなぁ... という事。 この感想にはマイナスオーラを感じそうですが そうではありません。 その傷は打痕傷ではなく、 弾いた時につくピックでのひっかき傷。 当然もう所有して…

サンタのプレゼントとして家族を幸せにする魔法のアイテムとなるか? Headwayらしい提言

Headway(ヘッドウェイ)のブログを読んでますと この時期らしい記事が。 クリスマスプレゼントについて書かれたその記事。 子供へのプレゼントとして 「ミニギター」 推薦してます。 読むと音のなるモノというのは子供にとっては おもちゃそのもの。 おもち…

アコギブランドに持つイメージ プロダクトだけでなく宣伝やそのラインナップが作りあげるもの

いきなりですが、ブランドイメージとは どのようなところから我々に根付くのか? ...そんな問いがふと頭に浮かんだのは K.YAIRIオフィシャルブログのクラフトマン道前氏の言葉から 先日ボブテイラーさんとお話してからいろいろと新たなことがわかりまして…

知ることから始めたい次なる目標 そのターゲットへの理由が積極的なのか、消去法なのか

先日京都の清水寺へ出かけた際 『清水の舞台から飛び降りるつもりで、Martinいこうかな』 と言ったところ、各方面から色々コメントをいただきました。 ・買わぬ後悔より、買っての後悔 意見としては、大部分がこのような意見ですが 中に自分で意外と思った意…

また出たエイジング処理されたアコギ 今度の名前は「サーマルモデフィケートテクノロジー」

時が経てばアコギ材の乾燥がすすむことにより 乾いたいい音が。 それを初めから実現できないか。 各メーカーが最近色々と挑戦しているのか。 コチラの記事に書いたように YAMAHA(ヤマハ)からは温度、湿度、気圧を制御することで エイジングを実現した「A.R…

いい音と新鮮な音の勘違い 慣れと新鮮が惑わすアコギの音 試奏の時に気をつけたい

もともと自覚はありましたが、先日あらためて感じた つくづく見る目がない話。 正確に言えば、「聞く耳がない」という話。 ...そうアコギを選ぶ、見極める力が欠けているってこと。 ライブを終えた後に、ある方のアコギを弾かせていただいた折、 そのアコ…

作り手側も説明不明は奥深い世界 天然材を使ったアコギがどうなるのかは神のみぞ知る

『このブランドのあのモデルが欲しい!』 とお考えの方も多いかと。 例えばGibson(ギブソン) J-45。 このアコギの音色が好きで購入される方もいらっしゃる中で そのブランドやモデル名から惹かれる人も 少なからずいるはず。 憧れのモデルを手に入れること…

『あの頃はよかった』 見た目だけでなく、材までも採用される古いアコギのオマージュモデル

古き良き時代への憧れ、もしくは 古く良いモノへの尊敬なのか。 昨日も書いたように、そのような思いをもつユーザ向けの モデルがあちらこちらから。 アコギの場合は、弾き込めばその鳴りが成長するという事から 単なる古いモノではなく、成長したアコギとの…

見た目や名前に惑わされない!アコギブランド名に仕掛けられてるトラップにかからないために

アコギのメーカーやブランドは数多くあるので 不勉強だけにまだまだ知らない事もあり、勘違いする事も多し。 ましてやあまり聞かないブランドの場合 そのアコギを一つ知っているだけで、イメージができちゃいます。 知り合いのアーティストの方で 新しいアコ…

情報化社会での中古アコギの価格設定 適正なものとそうでないものに垣間見る業者の知恵

昨日書いたように、夏の自由研究(?)へ向けて 少し時間がありましたんで、 掘り出し物の中古アコギ が販売されていないか、リサイクルショップへ。 狙いは数千円程度で、程度がほどほど良い中古。 ですが、結果そうは甘くなかったです。 以前はリサイクル…

夏のオヤジの自由研究 メンテや調整について研究するための数千円程度の散財を検討中

多くの方が、夏季休暇というかお盆休みではないかと思います。 かく言う僕もその一人。 そんな休み期間は、小中学生には宿題があって 昨今ではその宿題の中でも、自由研究なるものに これが大きな市場となっているよう。 「自由研究特集」 とあちらこちらの…

便利だけでは譲れないものがある それぞれのアコギに対するこだわりに乾杯!

ライブで即戦力で便利なアコギと言えば エレアコだとまずは頭に浮かぶもの。 マイクどりが一番ナチュラルな音が拾う事ができるも 僕のようなスタンドプレイの場合は 集音位置も安定せず、なによりもハウリングの問題、 場所によっては、ラインどりしかできな…

アコギの少しの違いに慣れるより 同じアコギで少しの違いを弾きたい スター選手のように

先日ライブイベントご一緒した方との話。 そのイベントは2曲ずつ回しだったので、ギターをそれぞれ変えるのでなく 僕の「WY-1」を使ってもらった んですが、その際 『少しネックが独特やねぇ~』 と。これは「WY-1」が僕が常日頃感じている事で やや細いとい…

音がよく美しく楽器が楽器があるために そして自分が自分らしくアコギが弾けるために

K.YAIRIオフィシャルブログの中での クラフトマンの道前氏の言葉。 楽器というものはまず美しくあるべきである 音がよいだけでも見た目が美しいだけでも楽器は成り立たないのである この言葉には激しく同意です。 僕はアコギの見た目についての記事が多いと …

安いアコギには安いだけの理由がある しかしそんなアコギの中にも光る部分もきっとある

先日楽器店でお手頃な価格なモデルを2本 試奏させていただいき、少し感じたこと。 究極を言えば、お手頃もっと直接的に言えば 「安いモデルは安い理由がある」 という事に。 それが作りだったり、材料だったりと 理由はそれぞれですが、その安い理由を理解し…

また思い出の楽器店が閉鎖 移転した国内最大級のアコギ専門店では何が待っているのか?

初めて購入したアコギ「YAMAHA FG-300D」。 そして今も最も愛してやまない愛器「K.YAIRI YW-1000」。 そして所有する中では唯一のオール単板である「K.YAIRI YW-K13-MAP」。 その他にも数本購入したアコギはありますが 新品で購入した上記三本は大阪の老舗三…

アコギ弾き語りにとっての夏服は? 単に暑くなければいいのでなく、コンディションも考えたい

家で「YW-1000」を弾いていると、ピックガードと反対側の サウンドホールあたりに、傷を発見。 『はて?前からあったけな』 と最近つけた傷ではない...と言い聞かせながら 以前の動画を見ると、傷は見えず。間違えなく 最近つけた傷のよう。 そう気づくと…

あの頃と比較してお手頃になり選択が増えたエレアコ それでも最適を探し続ける今現在

アコギを始めて数年たった頃、猛烈に 「エレアコが欲しい!」 っていう時期が。 折しもその頃は、TAKAMINE(タカミネ)が大人気。 また憧れの先輩がカッコよく弾いてたもので そのエレアコへの物欲は高まったわけです。 当然TAKAMINEが欲しかったわけですが …

よりカッコよく見せる(?)サンバースト この色が似合う違いのわかる男になるのはいつの日か

Simon&Patrickからのニューモデル発売のニュース。 サンバーストのモデルの新商品のようです。 さてサンバースト。 あらゆるモデルで採用されているのはなぜなのか。 僕はナチュラルカラーのモデルが好きですが このサンバーストはエレキギターにもよく採用…

アコギの音の流行り 作り手側の挑戦 そして弾く側聞く側の好み いい音は見えないまま

アコギの「いい音」についての話。 もう何度も書いた事があるテーマですが 『好み』によるところが大きいのは確か。 なので人それぞれという事になりますが 時代の流れの中で、 流行りすたり というのはあるのではと。 これを特に感じるのはエレアコにおける…

K.YAIRI クラフトマンのプライドから改めて感じた 妥協なく選んだものを誇りをもって使うという事

このような場所で、 「あのギターがいい!」とか「これが気になる!」 等と偉そうなな感想を書いていますが、 より偉そうな事を言わせてもらえば 「僕はコレクターではなく、プレイヤーであるという事」。 なので、現在アコギを3本所有してますが これ以上の…

新品と中古のどっちがいいか? 複雑に絡み合う価格と買う側の思い入れとこだわり

新品か中古アコギか。 アコギ購入に関して、一つの選択肢かと。 当たり前ながら、新品の場合は ある程度(まったく同じではないです)は同じモデルであれば 同一コンディションと考えてよいはずで、 敷居が低いのは確か。 それでなくとも、アコギというのは …

クラフトマンの「鳴り」と「抑え」の周期から アコギのいい音への感覚は変化するのかもという話

先日のK.YAIRIオフィシャルブログでの記事。 道前氏が、アコギの鳴りについて興味深い(少なくとも僕は) 記事を書かれています。 「鳴り」と「抑え」の周期 が製作者目線で、訪れるということ。 道前氏いわく、若かりし日はひたすら「鳴り」を 追及されてい…

何かを始めたくなる季節 迷ったらぜひアコギを始めて欲しい...そして愛器を選ばせて欲しい

テレビを見てますと「入学式」の光景が目に。 新しい生活が始まる4月。 何かを始めようと考えている方も多いかと。 友達にかりたフォークギター(当時はそう呼んでた)を コード表を見ながら、見よう見まねで弾き始めた中学時代。 ですが、高校時代にアコギ…

アコギを購入すること それは弾く事、使い続ける事 そんな決意があってきっといい

先日ライブでご一緒した方が、新しいアコギの購入を 検討しているとの話が。 その方まだアコギを初めて数年で まずは始めるにあたり、お手頃なモデルを購入したようで 次のアコギとして いわゆるいいアコギ を検討との事。 ※ 「で、やっぱりマーティンかテイ…

生音とラインの音の両立 難しいとはわかっていながら、それでも挑戦したくなる難問

昨日野外での演奏と屋内での演奏について その音の響きからによる弾き方、歌い方について書きましたが アコースティックギターという生の音の楽器ながら ことライブハウスなどでは ピックアップ(PU)など含めてアコギである と言えるのではないかと。 この…

「ギター女子」向けのアコギを考える 普通に考えたモデルと逆転の発想からのモデル

昨今は「女子会」や「○○女子」等と言葉をよく聞きますが アコギにおいても「ギター女子」という言葉。 昨今ではお店であったりネット上などでは そんな「ギター女子」向けモデルと銘打てて 大々的に販売されているよう。 そのギター女子向けとしては、大きく…

アコギ道を極めるのであれば、スタンダードなモデルを知るべき その教えとは如何に

3本所有しているとはいえ、自分の中で思っている事。 それはスタンダードな一本がないかな...という事。 アコギにはスタンダードな作りなモデルがあって 色々な意見があると思うものの Martin(マーティン)で言えば、「D-18」「D-28」みたいな。 前者が…

アコギは叩くものではなく弾くもの パーカッシブなプレイには適するアコギを選定したい

弾き語りにとってはあまりする事はないんですが ソロギター系の方とご一緒すると思う事が 『アコギって色々な弾き方あるもんだな』 ってこと。押尾さん系の方なんて 弾いているというよりも、叩いている感も。 いや弾き語りのアーティスト、例えば長渕剛氏な…

宣言どおりアコギ弾き語り用のホームページを勝手に作って、勝手に感激、そして勝手に宣伝

先日ホームページを作っちゃおうかな...なんて話を書き 『勝手にしたら?』と言われる前に 勝手に作っちゃいました(笑)。 このブログの「勝手に雑文」に続き 「勝手にホームページ」がひとまず完成。本日より正式オープン。 実は2000年頃からホームペー…

K.YAIRIアコギ値上げの報を受け 次の価格上昇の波は有名ブランドでなく普及帯モデルと予想

さて本日1/20は何の日かというと K.YAIRIの値上げ前の最後の日。 先日このニュースを知った時、思わず書きましたが あれから2ヶ月半。いよいよ明日出荷分より価格が上昇。 いや責めているわけではありません。 13年ぶりの価格改定。この期間ずっと価格据え置…

いくら積んでも買う事ができないアコギがある 購入時の鉄則、そして購入後の禁じ手

現在3本のアコギを所有してますが 「あったらいいな、こんなの欲しいな」というアコギは数知れず。 保管するスペース、弾きこむ時間があれば 手に入れたいものです。 そんな思いで発売されているアコギを あれやこれやと眺めるなかで、少し違う気分で眺める…

シンプルなアコギスタイルに注目のマーク これをどのような微笑みで受け止められるか

アコギのスタイルって見た目シンプルながら ユニセックスであり誰にでも似合うもの。 例えばGibson(ギブソン)のジャキジャキしたサンバースト。 男臭いそのモデルさえも女性が弾いていると 『おぉやってるなぁ~』 とカッコよく思えるもの。 例えばMartin…

アコギの見た目とバランス「小顔」か「頭でっかち」か そんな要素で選ぶのもありかな?

新年早々から新モデル発売のニュース。 カナダ発のSeagull(シーガル)から3種類のピックアップを備えた 非常に重宝しそうなモデル達。 『フィンガーピッカーの方たちから一定の評価があって...』 なんてニュースの記事には書いてます。真意はともかく 何…

見えない触れれないアコギの音については語るなかれ 作り手側のそのプライドに感服

アコギの音について、日頃から漠然と考えていた事を K.YAIRIオフィシャルブログで道前氏が分かりやすく解説。 万人がその解説に同意されるとは思いませんが さすがアコギ製作に携わる方 『なるほど、その通り!』 とうなっちゃいました。 「いい音」の定義っ…

安くても国産のお買い得モデルという選択 アコギを始めた頃の80年代中頃の名器たち

あまり中古アコギを購買の対象として取り上げないんですが、 よくよく考えると結構気になるモデルが お手頃で購入できそう。 この場合、中古というのは70年代以前の ヴィンテージモデルではなく、僕の場合アコギを始めた 80年代 のモデルを狙いたい。 ちなみ…

間違いなくいいモノであるの日本国内生産 いいアコギの要素は生産国よりもブランド感性か

K.YAIRIをはじめ日本国内ブランドが贔屓で 特に国産モデルというものに感じる愛着。 そうではありますが 「本当にいいモノなのか?」 という問いにふと考える事があります。 結論を言えば答えは「YES」と言えるのではと。 これは製作技術において 日本人の特…

アコギ購入によって納得できるはずが、更なるアコギ道へ 誰もがさまよう迷路

先日ライブでご一緒した方とのある談義。 ちなみに最近上質なK.YAIRIのエレアコを購入されたその方。 新しい悩みがあるそうで 『また新しいアコギが欲しくて仕方ない』 とのこと。 ちなみにその方、その前に購入検討されている際 「一本イイモノを買っておき…

カタログのもう一つの役割 Ibanez(アイバニーズ)がホームページに載せた粋な計らい

楽器店に行き、僕が必ずといってする事。 試奏でもなく、ピックを買うわけでもなく...それは カタログを集めるということ。 当然ながら、楽器店に行くたびに 新しいカタログが手に入るなんてことはなく、 それでもメーカーとショップコラボモデルなど 掘…