アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ARIA(アリア)

ARIA(アリア)発 ロンドンの風 鳴りを追及されたモデルは、無駄を一切排除された(?)モデル

Aria(アリア)から新しいシリーズが発売されたとのニュースが。Mayfair(メイフェア)と名付けられたその新シリーズは、Aria UK-LONDON でデザインされたとのこと。なるほど「メイフェア」というロンドンの地名からのネーミングも頷けます。さてそのシリー…

ARIA 100シリーズに新モデルがラインナップ 頭でっかちなカッコいい風味と尖った奴

お手頃な価格帯が多いARIA(アリア)の中でも 新しい100シリーズは、手に取りやすい価格帯で 入門用として検討できるシリーズ。 このシリーズに、新しいラインナップが...との ニュースが公式ページに追加されたとのことで早速チェック。 まずは新色の「D…

ARIAにお手頃「100シリーズ」新発売 入門用とされる価格帯にあえて送る「つや消し塗装」

お手頃モデルのアコギを多く発表しているAria(アリア)。 アコギを始めたのが友人から借りたAriaという事もあり 好きなブランドの一つですが、試奏しても 当たりはずれ を感じるのもこのブランド。 シリーズとしてはコチラ↓↓ ARIA AD-511 N アコースティッ…

その名前を背負ったからには崇高であって欲しい ARIAのMeister series(マイスターシリーズ)

ARIA(アリア)のホームページを覗くと 新しいアコギシリーズが発売したとのニュースがトップに。 その名も Meister series(マイスターシリーズ) 「マイスター」という言葉は日本でも聞きますが イメージ的に「職人」という言葉に同じニュアンスを感じます…

ARIA(アリア)が繰り出す「そそる」商品 フォルテの文字のエレアコ「FET-F1」発売

愛すべきは「ARIA(アリア)」。 初めてアコギを手にして練習したのが、友人から借りたARIA というだけでなく、その当たりはずれといい やはり自分の中では 愛すべきブランド 3万円前後のお気楽ギターをと考えた場合 Epiphone(エピフォン)といつも並べての…

ARIA(アリア)Elecord 新色発売! 潔さの白に見え輝く金色にも見え それでいてナチュラル

以前書いた色々なエフェクト機能を搭載した お手軽なAria(アリア)のエレアコ『Elecord(エレコード)』。 そのお手軽価格とオールインワンの機能から ライブ専用器として東へ西へと連れていくのもいいか... という考えが頭に浮かんだことさえも。 しか…

お手軽そして多機能『Aria(アリア) Elecord』 その正体は伝統と信頼のブランド名

カタログ的なスペックを判断した上で 最もお手軽なエレアコ検討した場合 『ARIA(アリア) Elecord(エレコード)』 も、一つの選択肢と考えられるはず。 ARIA FET-01FX LVS エレクトリックアコースティックギター価格:26,784円(税込、送料込) ARIAのエレ…

ARIA最高峰ドレッドノート「AD-915」 いかにも当たりそう...いや鳴りそうなモデル

昨日はARIA(アリア)のコストパフォーマンス高げな エレアコの話を書きましたが、引き続きARIAのアコギについて。 こちらも最近発売されたモデル。 ザ・オーソドックスというか、ドレッドノートの最高峰モデル。 【福岡店店頭品】 ARIA AD-915 N アコーステ…

コストオンリーかコストパフォーマンスモデルか 「ARIA(アリア) FET-01FX」の魔力

お手頃な価格帯ながら、なかなか面白いラインナップが多い 「ARIA(アリア)」 初めてアコギを練習したのが 友人からエンドレスで借り続けたのがARIAというのを 差し引いたとしても、好きで色々チェックしちゃいます。 何よりも好きなのが、お手頃価格帯モデ…

定番とはかけ離れたMade in Japan ARIA(アリア)Sandpiperシリーズのいい仕事

定番の安心か革新的なモデルか。 アコギが楽器である以上、ある程度のお約束事はあり 装飾品などと比較して、定番モデルが多いのは確か。 それは大きさだったり、シェイプだったりするわけで ともすればほぼ同じ形といってもいいか。 例えば、アコギを書いて…

”らしさ”はそのままに、やはり戻ってきたARIA(アリア)ドレッドノートシリーズ

春にそのメーカーのホームページを見た時 大好きなシリーズが消えている!...なんて記事を書きましたが 大丈夫。ちゃんと見直しされて再登場してます。 ARIA(アリア)のドレッドノートシリーズ オール単板の最上級モデルが8万円でありながら オーソドッ…

知らないフリの復活祈願 ARIA(アリア)の愛すべき「ADシリーズ」

少し前から気になってた事なんですが ARIA(アリア)のアコギラインナップに少し変化が。 コチラのホームページを見たところ 一番シンプルなドレッドノートタイプやフォークタイプのラインナップ いわゆる「ADシリーズ」「AFシリーズ」が消えてます。 エレア…

アコギ試奏 試すのは『弾く事』ともう一つは『音』 どうチェックするか?

今日少し時間があったので、楽器屋でアコギを 試奏していました。試奏したのはコチラ↓↓ ARIA AD-350 BS アコースティックギター 特価分 アリア ドレッドノートシリーズ 【NT_FES_G】価格:21,800円(税込、送料込) 試奏での確認項目といえば ・ネックを握っ…

ARIA(アリア) ニューモデルアコギ 手軽だけでないその魅力

良質な廉価モデルを多く生み出す(と思っている) ARIA(アリア)からニューモデルが発売されたと聞いて早速注目。 まず値段。公式サイトではオープンプライスというから驚き。 さらに、マット塗装モデルとのこと。 マット塗装とは“つや消し”ですが、所有す…

勝手におすすめ 初めてのアコギにこちらはいかが?

高校1年の冬。バイトでためたお金で 初めて買ったのが、約3万円の『YAMAHA FG-300D』。 当時としては、大金をはたいて自分で買った初めてのギター。 思い出深い1本です。 さて、初めてギターを買う場合 続けられるかどうか不安な気持ちも交わり、いきなり高…

夢の国とコラボ 夢のようなアコギ

Gibson(ギブソン)とのコラボレートで生まれた 日産の車がニューヨークモーターショーで発表されたというニュース。 その記事の内容を見れば「ギターの移動修理工房」をコンセプトに 企画制作されたとのこと。 ボディにGibson(ギブソン)アコギのイメージ…

ARIAアコギに感じてしまった得体の知れない魅力

アコギをさわりはじめた頃、初めて弾いてたギターは 借り物のARIAギター。 ちょうどARIAの入門セットを買ってみたけど すぐに飽きてしまった友人がそばにいて、これラッキーとばかり 「しばらく貸してくれ」と言って自宅へ。 その頃はコードを覚え、ポロンポ…