アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

K.YAIRI YW-1000

エース「YW-1000」のピックアップ 時に狂喜したことあるも悩みも多し 悩み解消へと動くか

先日のライブで撮影した動画を見て 自分の歌う姿を見ながら反省点を見つけたんですが もう一つ反省...というか改善したいと思ったのが YW-1000の音。 いや悪いわけではないです。 ですが、生音と違う方向性の音が動画から流れてくると 『ちょっと違うなぁ…

かつてギター小僧に憧れられた「YW-1000」 大人になり手にしていない方が多いのはなぜ?

この前出演したライブでは、出番の前から ギターをケースから出し、スタンドに立てかけてたんですが 「YW-1000ですよね?昔欲しかったギターです」 とお声かけいただきました。 1984年製の僕のYW-1000。 1986年の1月に購入。 何度か書いているんですが「YW-1…

多くの方が悩んでいる大問題に真摯に取り組む決意 2016年「YW-1000」へ施したい事

新年から自分の愛器を振り返りながら 2016年どのようにしていきたいのか...という事を書いてますので そのシリーズの最終回、エースギターの 『K.YAIRI YW-1000』 について。 自分で言うのも照れくさくて、自慢になりますが 「YW-1000」ってのは人気で、…

弾き方、音、そして定番を教えてくれた「YW-1000」 あれから30年、そしてこれからも

本日47歳になったわけですが この年齢は、ちょっとした「記念」の年齢に達した事に。 初めて買った「YAMAHA FG-300D」を 毎日何時間も、そしてテレビ見ながらもアコギを抱えていた頃 それなりに弾けるようになった自分に 少しいいアコギ を購入したいと思っ…

昔からの名前で出てるだけ? 素晴らしいアコギだけにこの襲名には違和感大

現在所有するアコギの中で一番古い付き合いであり そして最も愛着のある「K.YAIRI YW-1000」。 それだけに、この名前には色々な思い入れが。 「YW-1000」はYairi Westernの定価10万円モデルからきた 名前と記憶してますが、ともすればやや無機質な感じもする…

ヤイリギター(K.YAIRI)社の傷を修理する技術と傷を癒すおもてなしに感謝

床にボディーを打ちつけ、一部割れてしまった「YW-1000」。 翌日ヤイリギター社へ送り出し、戻ってきた愛器。 このような段ボールで丁寧に梱包され我が家へやってきました。 はやる気持ちを押さえながら、ゆっくりそして丁寧に開梱。 ハードケースを段ボール…

一本の電話から感じた思い そしてこれからも弾き続けようと感じた瞬間

二日前に不注意で傷をつけた「YW-1000」の 修理に関して少しの不安を書いたわけですが、 なんとそんな記事を読んでいただいたのか、本日 連絡がありました! まず修理費用のお見積りを知らせてくれる連絡かと思いきや 『修理ができました。』 と、これまた嬉…

悔やんでも悔やみきれない不注意 傷だらけの「YW-1000」にこの愛も捧げる

こんな事は本当は書きたくないが、反省の意味を込めて。 時間は11月9日(日)14:00過ぎ。 今日は15時から仕事だったので、出発前に14日のライブの 練習に励んでおりました。 ...その時! ストラップのエンドピン側が外れ 床にアコギが強打...「YW-1000…

役立たないモノなれど、破りたくないモノ 「K.YAIRI YW-1000」号 思い出行きの切符

最近引越しをして思いましたが、どうやら僕は 『モノを捨てれないタイプ』 のよう。よくこれだけモノがあるもんだと呆れながら まだまだ荷物が散乱中の部屋で寝てます。 世の中には、かたずけ上手って方がいらっしゃり 同時に「捨て上手」でもあるよう。 整…

K.YAIRI(K.ヤイリ) YW-1000 一生モノ自慢の相棒のエピソードなど

ヤイリギター社のホームページを見ますと 故矢入一男社長の「偲ぶ会」の案内が。 4月29日にはユーザー達からの 「思い出の写真や記憶に残るエピソード」が展示されるとのこと。 僕もユーザーの一人ですので K.YAIRIを持っていてのエピソードをば。 真ん中の…

ナットとサドルで僕のアコギの音は「はっきり」変わった

アコギ1本所有しつづけるのも、なかなか大変。 例えば、8万円台で高校時代に購入した新品の「YW-1000」。 以前楽器店主催の「リペアクリニック」に参加した折、 K.YAIRIのクラフトマンから 「1984年製とすれば、状態はいいですね!」 って言っていただきまし…

「Martin」に見間違えられても、「K.YAIRI」と胸をはる

先日ライブの時、某お客様が僕の ↑↑↑のギターをじーっと見ながら近づいて来られ 突然見せる納得した表情。 何度かこのようなシーンに出くわしますが ほんの一瞬「Martin D-45」あたりに見えるようで その正体が「K.YAIRI」とわかると安心される模様です。 さ…

YW-1000 リペアから戻ってきました

先月にリペアをお願いしていた「K.YAIRI YW-1000」のリペア完了のご連絡を受けて、本日工房へとりに行ってきました。リペアの様子は、工房のブログやホームページでご紹介いただいており、その作業の様子を楽しみにしながら見ていました。その丁寧なお仕事ぶ…

現在作業進行中

1ヶ月ほど前に、リペアに出した愛器「K.YAIRI YW-1000」。工房のブログを見ると作業が始まったようです。http://odyssey-guitar.sakura.ne.jp/80_WordPress/archives/2012070614004フレット交換していただけたようで綺麗に交換されたフレットを見るだけでニ…

しばしのお別れ

話は2年以上前に戻ります。40歳を過ぎてまたライブなんかをするようになり高校時代から愛用していた「K.YAIRI YW-1000」をこれからもずーっといい状態で弾いていきたいって思いだしました。そこでネットでリペアしてくれるショップをあれこれ探していたとこ…

How many guitars do you have ?

会社の帰り心斎橋の楽器屋さんへギターを見に行きました。たまたま昨日ネットを見ていると、気になるモデルの中古がありましたので、現物見がてら試奏しがてら。お目当てのギターはありまして、試奏もさせていただきましたがなんせチューニングが甘く、店員…

写ってるんです

以前書いた(二つの古都物語)京都のワタナベ楽器本店での「K.YAIRI リペアクリニック」の様子が、ワタナベ楽器さんのホームページで紹介されてました。写っているかなぁ~なんて思いながら「おぉ~」写ってますやん、ギターも顔も!(なんかうれしいですや…

二つの古都物語

曇り空の中、24日(日)にギターをかついで京都まで行ってきました。ワタナベ楽器京都本店(http://www.watanabe-mi.com/honten/)さんで開催されたイベント「K.Yairiリペアクリニック」に参加するため電車に1時間30分ゆられ、そこから徒歩20分。見ていただ…

そして、京都

10月24日(日)にギターを持って京都へ行きます。ライブをするのか、ストリートで歌うのか。...いえいえhttp://www.watanabe-mi.com/honten/list/c1309/ワタナベ楽器さんの京都本店で、開催されるイベントに行きます。題して「K.YAIRI リペアクリニック」…

退院報告

ようやく、ようやく1ヶ月の入院を経て相棒が退院してきました!まず25年来の相棒といつかステージに立とうとピックアップを取りつける事を決意。しかしながら、以前から気になってた箇所が何か所かありました。ピックアップを取りつけるんなら、一緒にリペ…

できるまでの楽しみ

この前の土曜日に愛器「K.YAIRI YW-1000」を持って楽器屋へ行きました。目的はと言えばピックアップを取りつけてもらうためです。今まで、どのようなピックアップをインストールしようか予算内で情報収集しながら、考えていました。・マイクどりのような空気…

エースギターⅡ

僕のエースギター「K.YAIRI YW-1000」は1984年製で、高校時代にバイトで貯めたお金で買ったものです。Martinに憧れていた当時、今はない天王寺アポロにあった「三木楽器」で見つけた「K.YAIRI YW-1000」。当時の僕にはとても高かったので迷いに迷ったんです…

エースギター

僕はギターを2本持っています。 以前は、3本持っていたんですけど 3本も充分に弾いてあげる時間がないので 現在は2本です。 その中でも(2本しかありませんが)エースギターは こちらです↓↓ もう25年近く前に貯金して買ったギター「K.YAIRI YW-1000」…