アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弾き始めの憧れ アルペジオ奏法を覚えた呪文

初めて本格的に練習した曲が
クレープの「無縁坂」だというのは以前書いた話。

その際の練習した奏法ですが、
ストロークではなくアルペジオでした。

ギターを始めようと思った時に、アルペジオ
スリーフィンガー奏法がかっこよく思えたもんで
無謀にも最初から、こいつにチャレンジした次第。

「6(弦).3.2.3.1.3.2.3」

アルペジオはこの繰り返しなり』との友人の教えから
右手をこの数字の羅列を呪文のように唱えながら、繰り返し練習。

当時持っていたピックは、おむすび型のフラットピック。
こいつを握って、右手小指をピックガードにあてて支点にし
呪文を唱えながらの練習が、今でも僕の弾き方の基本になってる気がします。

最初の数字がベース音で、コードによって
「5」になったり「4」になったりを覚えた頃には
「無縁坂」がひととおり出来るように。

一曲できるようになった時は嬉しかった!
暗いこの曲をノリノリで歌っていた青春時代でした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村