アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

使用しているD'Addario(ダダリオ)社の弦について

使用している弦は、D'Addario(ダダリオ)社の「EJ16」。



所有しているギターが「K.YAIRI」で標準弦が「D'Addario(ダダリオ)」と
いうことでコレに落ち着きました。
ヤイリ社のホームページでは↑の弦でなく、上級のコーティング弦「EXP16」のライトゲージ。



これは自分で買ったことがありません(汗)。

実は弦はギターを弾くようになって、色々と試しました。
「剛」がヘビーゲージを使っていると勘違いしていた頃は、ヘビーゲージ。
...当然すぐに断念し、しばらくはYAMAHAのミディアムゲージを使用。

弦の硬さが変われば張力も異なるので、今考えれば
ギターに負担を掛けてきたもんです。よくぞ今まで無事でと「YW-1000」を讃えたいです。

ブロンズ弦やフォスファー弦、色んなメーカー試しましたが
結局、超定番のダダリオのフォスファー弦「EJ16」ライトゲージに落ち着いてます。
この落ち着くというのがミソで、音自身が僕にとって落ち着くから。

「ドン・シャリ」とよくアコギの音を表現されますが、
どちらかというと「シャリ」側の音が好きなタイプで
それが生きる弦のような気がします。

ただコーティング弦に比べるとサビるの早いです。
けど音は見た目より長持ちする感じ。コストパフォーマンス最高!

...「YW-1000」の方は上の評価なんですが
オール単板の「YW-K13-MAP」の方が弦の劣化に敏感で
音が劣化するのが早いような。

まぁコレはまだまだ新しいギターということもあるんでしょうが
それを差し引いても...「う~ん」。

「YW-K13-MAP」には別の弦がいいのかもしれません。
また弦探しの模索が始まりそう。弦は本当に奥深いですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村