アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

軽量 丈夫 ギターケースについて僕の選択

今日と明日はライブ。僕にとって連チャンって珍しいんですが
きっちりと体調整えて臨みたいです。
...といいながら、ギックリ腰手前でコルセット装着ライブになりそう。

そんなライブの時のギターを大切に運ぶケース。
これも色々迷い、また購入したけどすぐに使わなかったケースも。

ハードケースが一番いいのはわかっていても
その重さゆえ、やはり軽量かつギターを保護するケースを探すわけですが
これは軽量化と堅牢化というのは間逆な事であり、むずかしい。

FRP製のケースは丈夫で軽いとのことでしょうが
なにより高価。置いておけばギターではなくケースが盗難にあいそうです。

で、まず買ったのがコチラ↓↓



軽く、丈夫とは言わないまでもそれなりに厚めのクッションに囲まれてます。
まぁ~こんなもんだろ...って思いながら使いながらも
常にネットでは次のケースを探す始末。要はあまり気に入ってなかったんですね。
で、そのうちに縫い目がほつれてきて、穴も空いてきて引退となりました。

そして次に買ったのがコチラ↓↓



それなりに軽く、ハードケースまでとはいわないまでも
セミハードケースというだけあり、結構頑丈に作られてます。
ギターの持ち運び時の保護機能はクリアされているのではないかと。
内側はギターケース定番の「モシャモシャ(?)」が敷き詰められてます!

気になる点としては
・ケースの中がやや臭う(ギターにその臭いがうつらないか心配?)
・地べたに置き、空の状態で開けると後ろにひっくり返る
・紐がやけに長く、持ち運び時に尻尾みたいになる
・ファスナーの取っ手部分とフック部分の隙間が大きく、そのうちとれるのでは?

などなど、あとはこの値段で言うのもなんですが

・質感が乏しい

でしょうか。でもそれが気になる方は
ウン万円コースのギターケースへ行くしかないでしょう。

当然前者を購入されるのであれば、倍の値段ですが後者がお勧めですし
実際ネットを見ますと品切れのところも多いよう。

これはライブでバッティングしないように、名前を書いて出かけなくてはいけませんね!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村