アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

うまくいけば最高、失敗すれば...でも使いたいローリングカポ

アコギで弾き語りをしてると、曲の後半へ向かって
どんどん盛り上げていきたくなってくるもの。

ギターにアクセントをつけたり、強く弾いたり
カッティングを織り交ぜたり...色々なワザはあるものの
有効な方法と言えば

『転調』

も一つ。ただギターの場合の『転調』は、コードを押さえる
難度が上がることが多く、また止むなくハイコードを使うと
今までとの音の流れが変わってしまうことも。

そんなギターにおける『転調』に対しての
画期的なアイテムが



↑↑↑のようなローリングカポ。

コレよくライブでご一緒させていただくアーティストの方が
利用されてるんですが、ほんとスムーズに転調が可能に!

ただ決まれば...の話です。

と言うのも使い方は単純なれど、弾き語り中の「ある一瞬の間」に
ローリングさせなければという緊張感と
ローリングさせた位置によれば音が鳴らないもしくは「ポコン」という音に。
さらには転調する曲に入る前に、カポをコイツに替え忘れそうというあたりが問題。

決して品物が悪いわけではありません。

決まればカッコよく盛り上げに成功するも
失敗すれば、今までが台無しになるかも知れないこのアイテム。

ここはポジティブに真似させていただきたいと思ってます(笑)。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村