アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

カリスマ「Gibson(ギブソン) J-45」の風味を味わえる愛すべきモデル達

Gibson J-45」はよくご一緒させていただく方が弾くのを見ながら
見た目もカッコよく、音もガツンとくる心地良い音を併せ持つ

やっぱりいいギターだな

と思うアコギ。なるほどファンが多く
「Martin D-28」と並ぶいわゆるカリスマ。

有名アーティストが数多く所有してて、
僕が好きな「長渕剛氏」もレコーディングで使用してるのは
よく言われている事。
たからこそ、欲しいと思う人も多いのでしょう。

ただ、どちらかと言えば自分とは合わない気がしてるので
真剣に所有しようと探索したことは無く...そして、そんな僕でも
Gibsonギブソン)」の当たり外れについてはよく聞く話。

欲しい!でも...高価すぎるとか
...外れだったらどうしようって場合、カリスマだけに数多くラインナップされている

なんちゃってモデル

を視野に入れるのも一つの選択かも。

僕の場合プレーもなんちゃってのタイプなんで
アコギ自体のなんちゃっても抵抗なく受け入れれます。



↑↑なんかの他にも、「Headway HCJ-50S」や「Morris WG-25」あたりの
中古を探すのも、なんちゃって探しが楽しくなりそう。

しかしやはり、究極の“なんちゃって”なら



これかなやはり。Gibson傘下ってこともあるけど
なんちゃって好きとしては、Epiphoneって好きだなぁ。

意味がわからないと思いますが
エレキを買うことはないけど、買うならEpiphoneのレスポールって決めてます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村