アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギの響きを考えるのに、コレにこだわるのも面白い

『アコースティック』という言葉をウィキペディアで調べると
「楽器本来の生かした音」とのことで、電気的な音と対照に用いられるとのこと。
ともすれば『アコギ』は「アコースティック」な「ギター」であり
楽器本来の“生”の響きを生かした楽器ということに。

この本来の響きを生みだすのは

弦をはじき、
弦が振動し、
振動が空気に伝わり、ボディに響く

ってことかなと。間違ってたらすみません。

そんな事考えると、アコギの響きを生み出すのは

弦をはじく“ピック”
振動する“弦”
振動した空気が伝わる“ボディ”


のはず。となれば、

ギター本体の材料を、ローズウッドだ、マホガニーだと
こだわるように、ピックの材料をこだわりたくなる...
そんな気持ちが重々わかります。

で、そんな方がいないかと、思ったところ
こちらのページがあまりにも興味深く、
読んだ瞬間からピック探しに没頭してしまう程、奥深い。

そのうち、アコギ好きの間でギター材のうんちくだけでなく
ピックの材料

セルロイドがどうだ、ポリアセタールがどうだ

などという会話が聞かれるかも。

何も知らない人からすれば、どんなマニアックな人達の集まりか
見極めが難しすぎますけど。

※参考URL:http://hyororian.minibn.org/guitar/o003.html

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村