アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギを弾く際 ストラップ装着をどちらにすべきかを考える

スタンドでプレーする場合、ストラップをアコギへ
装着することになりますが、装着する方法は大きく分けて二つ。

ネックエンドに紐のようなものでくくりつけるか
ストラップピンを付けて、そこにつけるか

これはどちらが良いってことはなく
結論を言えば人それぞれってことになります。

そう言っては話が終わるので、私感を。
見た目はそれこそ、好みの問題なので言及はしませんが
プレイについて考えてみると

ネックエンドにくくった方が、ギター本体やネックが動きにくい

って事をプレースタイルに合わせてどう考えるか。

ギターを動かして、弾きやすいポジションに合わせるスタイルなら
この固定が、逆に足かせとなるような気が。
ハイポジションでのリードや、タッピングを利用する方なら
ストラップピン方式の方が、プレイアビリティが向上するのかなと。

ローコード中心の弾き語りの僕の場合は



↑↑のスタイルが好み。

仮にストラップピンがあるギターでも、きっとこうするでしょう。
やっぱり大事なのは、自分にとっての“弾きやすさ”ですから。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村