アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギピック 「弾きやすさ」、そして何よりコレが気にいるのが重要なり

昨日↓↓のピックを購入。



このピック、以前コチラでも書きましたが、
非常に弾きやすいピックで、よくあちこちで見かける『セルロイド』ピックと比較して
『ポリアセタール』という素材が、僕にはジャストフィットだったわけ。

が、弾きやすいので練習でよく使うようになって思ったことが一つ。

『音がちょっと微妙かな』と。

表現が難しいですが、決して気持ちが悪いとか、いい音じゃないとかではなく

『もっと自分は違う感じの音が好きなんじゃない?』

って感じ。で、ライブでは結局『セルロイド』製を手にとるように。
当然『ポリアセタール』プレイアビリティの良さの評価は変わりませんが、
そんな負のイメージが付きまとうと、物色しだすのがアコギ好きの性(さが)。

そんな時mccさんのコチラのページで、まんま僕の愛用ピックと
気になってた『べっ甲』ピック記事のエントリーが。
比較音源もアップされてて、その音源どおり「音の輪郭の際立ち」感を
『べっ甲』に軍配を上げてられますが、なによりも僕に心をとらえた表現

もう一方のピックの方が、なんか下手に聞こえる

なるほど。僕が胸にいだいてた感想を端的にとらえたような気が。

本日は、以前告知したようにライブ
とりあえず、『ポリアセタール』は封印しておこうっと。

※参考URL:http://ptu431k.blogspot.jp/2013/02/823.html

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村