アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ナットとサドルで僕のアコギの音は「はっきり」変わった

アコギ1本所有しつづけるのも、なかなか大変。
例えば、8万円台で高校時代に購入した新品の「YW-1000」。

blog_import_509d2475a581e.jpg

以前楽器店主催の「リペアクリニック」に参加した折、
K.YAIRIのクラフトマンから

1984年製とすれば、状態はいいですね!」

って言っていただきましたが、そうは言っても今までに

・ブリッジの浮きがみられたため修正
・コンタクトピエゾピックアップの装着
・フレット交換
・ペグ交換
・ナット、サドル交換


等で今までに、余裕で購入代金以上の費用かかってます(汗)。

費用がかかるんだ...と嘆くなかれ
そんな何度か調整やリペアを繰り返した中でも
音が自分の好みに変化した経験ありです。それは

『ナット、サドル交換』

素材を「牛骨」から「TUSQ(タスク)」へ変更していただいたところ

音の粒が際立ったというか
輪郭がはっきりしたというか

なにしろ気持ちよい音に変化。
弾き語りでも、アルペジオやスリーフィンガー奏法のような
それぞれの弦を弾く奏法フェチな僕にとり、これは嬉しい驚き。
とにかくやってよかった!!





手先の器用さに自信のある方は、↑↑など購入して
チャレンジされてはいかがでしょう。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村