アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Gibson(ギブソン)の戦略 アコギ好きから見た想い

Gibsonギブソン)が音響機器のティアック
子会社化するというニュース

ギター大手会社が、音響機器メーカーを子会社化にというのは
「音楽」というくくりで考えれば同じ業界のように見えるも
Gibsonギブソン)は一体どんな効果を狙ってるのか。

Gibsonギブソン)は以前から同じような音響メーカーの
オンキヨー」とも提携しているし、
楽器メーカーから総合音楽クリエイティブ会社へ
うって出ようとしているのでしょう。

こと企業の戦略としては、なるほどと思える部分も。
アコギにしろエレキにしろギターはこれから廉価モデルと
付加価値モデルの二分化するんじゃないかと思う。

Gibsonギブソン)には歴史やブランドがあるんで
後者で充分勝負できるはずも、その先の一手をうっている...
ありえる戦略です。

が、いちアコギ好きから言わせてもらうと

「ギターメーカーであって欲しい」

器用じゃなくても、ギターをまじめに作り続けるメーカーに
拍手を送ってしまいがちの僕。

...残念ながら、そんな思いだけでは
ギターメーカーがやっていけなく時代になってきているのが淋しいです。

※参考サイト
http://www.asahi.com/business/update/0329/TKY201303290341.html
http://www.teac.co.jp/news/news2013/20130329-04.pdf