アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

3本目のアコギ購入! 「Alvarez・Yairi WY-1(2006)」

突然ですが、アコギを購入しちゃいました!

新品ではないんですが、以前から狙っていたモデル。
これにいきつくまで、あれやこれやと考えては...の繰り返し。
そんな迷いを吹っ切って、3本目として手に入れたのは

01_ラベル

「WY-1(2006)」

実は先日よりコチラコチラで少しネタをふってました(笑)。
知り合いの方から、しばらく購入検討のためお借りし試奏を繰り返しての決心!
状態の良さ、弾きやすさ、音、そして何よりお得に買えて大変満足。

スプルースより濃い色のシダートップ単板には、透明ピックガード付きです。

03_前面全体

ヘッドをご覧いただくと

04_ヘッド

そうです「K.YAIRI」ではなくAlvarez・Yairi(アルヴァレズ・ヤイリ)。
ヤイリギターがアメリカへ送り出すAlvarez(アルヴァレズ)ブランドです。

ピックアップ(PU)付きのエレアコモデルでライブに重宝しそうですが
気になるプリアンプは

02_プリアンプ

「System 600T MKII」

こちらもヤイリオリジナルのピックアップで
幅広い音造りが楽しめるとのこと...が、その幅広さが理解できるか自信ありません(汗)。

さてAlvarez・Yairi(アルヴァレズ・ヤイリ)と言えば、特徴的なのが

05_ブリッジ

ボディトップ直接に弦をいれるダイレクトブリッジも健在。
弦の振動を余すところなくトップ板に伝達できるという“うんちく”も嬉しい話。

後ろ姿もなかなかで
ローズウッド合板をおごられた、バックとサイド材。

06_背面全体

ローズのその木目は、木目フェチにとってはたまりません。

さてココまで長々とお付き合いいただきましたが
今回の「Alvarez・Yairi WY-1」で3本目。
狭い部屋に一度、3本並べてみました!

99_My k.yair

“置き並べ”の次は“弾き比べ”。
明日あたり時間の許すかぎり、弾き比べたいと思います。