アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弦 いつもと違う弦を購入して比較しようと考え中

ふと見ると「弦」が少なくなってきたので
いつものように



↑↑こちらのD'Addario(ダダリオ)のフォスファーブロンズ弦を
買おうかと思ってたところに、ふと思ったこと。

『少し替えてみようか』

というのも最近所有しているアコギを弾き比べたり時に
撮影した動画を見て、思ったより「なんか疲れる音」のような気が。
その「疲れるの音」の要因は中高音のキラキラ感がやや強いのではないかと。

もともと「キラキラ」した音が好きで、「フォスファー弦」を使用。
当然ながら音の耐久性が長いってのも理由でした。

長い間「D'Addario(ダダリオ)EJ16」を使ってるので
次の換え弦は一度違うのを使おうかと考えた次第。

ちなみにK.YAIRIギターの出荷時の弦は「D'Addario(ダダリオ)EXP16」。



こちらはフォスファーのコーティング弦で結構高価な弦。
Elixir(エリクサー)で合わなかったコーティング弦のヌルヌル感を
K.YAIRIのアコギを試奏した感じでは、D'Addario(ダダリオ)では
感じないので、コレも候補の一つ。

あと、もう一つ再度試したいみたいのが
以前ずーっと使っていたブロンズ弦。



周りも含めてフォスファー弦を使っている人が多いんですが

『ブロンズ弦が、ある意味自然なアコギの本当の音を表現する』

というブロンズ派も。
基本フォスファーに比べて中高音は強調されないイメージを
持っているので、今こそ試す時期かと。

さてさて購入した後、比較をしようと思ってるんですが
弦の比較って手間と時間がかかりそうです(汗)。

でもたしかに面倒ですが、こんな面倒は全然気にならず楽しくていいですね。