アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギを弾くポジションで「硬い音」と「柔らかい音」を使い分けてみる

アコギを右手で弾く時、どのあたりを弾くか。
まぁ~個人個人の好みの部分はあるよう。

サウンドホールの真上の方もいらっしゃれば
ややブリッジよりを弾かれる方やネック側を弾かれる方も。

ブリッジよりを弾けば

音が硬く鳴る感じ

そちらの傾向が好きなのか、僕のノーマルポジションは、
サウンドホールからややブリッジより。
まぁ多くの本なので、このあたりを弾くべしと書いてあるので
どノーマルなのでしょう。

で、よく使うのは曲の途中なんかで
アクセントとして「硬めの音」を入れたくなり
ノーマルポジションからブリッジよりで弾くこと。



上↑↑で言うと、最初の歌の出だし「かもめ~がぁ~」の「め」のあたり。

コード弾きの弾き語りにとって、
ちょっとしたアクセントを色々考えます。

それがハンマリングオンだったり、スライドだったり。
この「硬い音」「柔らかい音」も一つのアクセントとして
結構意識しちゃいます。

識者の方には、

『もっと基本部分を意識せぇ~』

と言われそうですが(汗)。