アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

エレアコ用ケース比較検討 見た目、軽さ、丈夫さ...そして価格

最近我が家にきた「K.YAIRI WY-1」は
カッタウェイのやや薄いボディのエレアコなんで
持ち運びの用のケースはなく、標準のハードケースを利用してます。

これが丈夫で一番安心なれど、電車に乗る時なんかは
改札口をとおる度に、ケースを『ドンッ!』って
やってしまうもんで、何かいいケースがないものかと物色開始。

まずは最高級のケースといえば



ヴァイオリンのケースなんかで有名な、bam(バム)のケース。
持ってるだけでプロっぽくって、見かけだけでもプロになりたいもの。
とは言えさすがに高すぎるので



こちらの軽量ハードケースとして評価の高い「Grand Oply(グランド・オープリー)」が
我ら庶民が何とか...それもギリギリ手を出せそうなレベル。

いや...僕には出せません(汗)。
嘘書いてすみません

もう一度求める機能を整理してみると

・軽いこと
・背負えること(改札口でぶつからないこと)
・まぁまぁ丈夫なこと
・ちょいとした雨ならなんとか


と考えた場合、このギグバッグ



説明書きを読むと...
先に挙げた項目を網羅していると書いてあります。レビューを読むと上々。

見た目よし。
価格よし。
軽さよし。
大きさよし。
素材よし。
収納よし。

こんなレビュー読んでると、完全に第一候補ですね!