アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弾き語り テンポをコントロールするべくメトロノームを検討中

先日出演したライブ風景を撮影いただいたようで
動画を見せていただきました。
大変嬉しく、感激し、そして自分の姿に照れくさく。

そして何よりも「走っている」のが情けなく。

「走っている」とは、別に汗をかきながら太股を挙げているわけでなく
演奏のテンポが早くなっているとの意。

早くなっているというより

コントロールできていない

という方が正確かも。
緊張感や会場の雰囲気による胸の高鳴りで
ある程度も「走り」はありでも、曲の出だしから跳び出してました(汗)。

という事で、まずテンポを確認してから
演奏スタートを心がけるべく、メトロノームを使おうかと。



と言って、家に唯一あるコチラ↑↑をライブに持っていくなど無理無理(笑)。

そこで、こちらあたりを↓↓有力候補として検討中。



クリップチューナーにして、メトロノーム
チューニングした後は、クリップを取り外し譜面台へ置いて
メトロノームとして利用可能。これで跳び出しを防止できるか。

これ以上小物を持ちたくないもので、
一粒で二度おいしそうな『メトロクリップチューナー』がかなり気になります。

ひょっとして一粒で二度おいしいどころか
『2兎追うものは...』になるかもという恐れを感じながら
クリックしそうな勢いです。