アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弾き語り談義 自分にとっての夏の風物詩 線香花火の『夏祭り』

京都では祇園祭り、そして大阪では天神祭
先週は実家近くの杭全神社の祭りで
この季節、夏祭りが風物詩。

天神祭といえば、見事なまでの打ち上げ花火。
7/25(木)は多くの人がその花火に魅了されるでしょう。
週間天気予報で、傘マークが目につくのが気になります。

さて季節の風物詩と言えば、
皆さんが思い浮かべる行事もあれば、
例えば、その季節が到来すると頭に浮かぶ曲等があるはず。

長いネタフリの後で恐縮ですが(笑)
僕の場合この季節と言えば



長渕剛氏の「夏祭り」

祭りと言えば、ドンチャン騒ぎのイメージながら
この曲はマイナー調で、天神祭の打ち上げ花火ならぬ『線香花火』
そしてなによりも、このアコギフレーズに憧れて
当時のギター小僧はこぞって真似したモノ。

初めてこの曲を聞いた中学生当時
今ほど周りにはソロギターをする方が多くなく
初めてアコギ(当時はフォークギターと呼んでました)を買えば、
フォークソングの弾き語りが当時の王道。

そんな頃にライブアルバムに収録されていたこの曲に
心をぶち抜かれてアコギを始めるきっかけになった曲。

毎年弾き語りしてる割に、進歩が無いのは目をつぶっていただくとして
この曲は夏だけなく、あの小僧時代を懐かしく思わせてくれる
大好きな曲なのです。