アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

苦手コード「B」と「B♭」 二通りの押さえ方とも「・・・」な状況を打破せよ

アコギを始めて最初につまづくコードと言えば

「F」

F.gif

このコードは、人差し指で1フレット全ての弦を押さえる
「セーハコード」。
このコードが制覇できずに、つまづく人が多いと聞きます。

振り返れば、自分の場合はあまり苦にした思い出がなく
何気にコツをつかんだような気が。(自慢ですみません)

このコードは先に言った「セーハ」で弾く方法と

F.gif

6弦を親指で握る↑↑の「グリップハンド」の方法があり
僕の場合「グリップハンド」を多用し、どちらか言えば好きなコード。

一方、苦手で大嫌いなコードと言えば、もうコレは

「B」や「B♭」

B.gif

人差し指で「セーハ」したあと、1フレットとばして
中指、薬指、小指で4~2弦を押さえるこのコード。
クリアに4~2弦を鳴らすには握力不足か、よく

「ポコン」

となってしまい、ご愛嬌レベルを超えてしまいます(汗)。

練習しても、もうひとつ進歩がないので
エレキギターをプレイされる方がよくされる

人差し指「セーハ」、薬指1本で4~2弦を押さえてさらに指を反る

押さえ方。僕が挑戦しても当然ながら同じく「ポコン」

薬指の関節が硬すぎて、
『薬指1本で4~2弦を押さえてさらに指を反る』なんて無理無理。

コレ皆さん簡単にされていますけど、全然できそうにないです。
どうしたらできるようになるか、コツを教えてほしいところ。

「F」みたいに使い分けできれば最高ですが
↑↑のような状況で、一つさえままにならず。

地道に握力を鍛えるか、左薬指の関節を柔らかくするか

およそ他人が聞けば、アコギの練習とは思えない練習に
取り組む必要があるようですね。