アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ小物で重要な一つ『カポタスト(カポ)』 緊急選択中

先日のライブイベントが終わった後、ちょっとした業務連絡が。

『カポ&ピックケースを忘れてませんか?』

バンやギターケースをくまなく探しましたがありません。
やはり忘れた模様。
お預かりいただけるとの事で、お礼を伝えた後にふと

『カポがないなぁ』

と頭に浮かんだ瞬間、もう物色を始めてました。
※正直言うと、あるのはあります(笑)

さてここでカポ(カポタスト)について復習すると
種類は大きくわけて3つ

1.ネジを締めて固定する 「ネジ式」



↑↑のPlanet Wavesのは、今回の忘れ物ですが
カポの機能として考えた場合、ピッチずれもなく軽くリーズナブル。
これ以上ないカポかと。普通に考えればコレを買えば無難です。

2.ネックを挟むようにする「バネ式」



この方式は装着するのが片手で素早くできるのが利点。
弾き語りライブなんかは重宝しますが、ピッチの狂いが生じることも。

3.ベルト等でネック巻きつける「ベルト式」



↑↑は持ってますが、まずベルトの消耗が激しいというのが難点。
これは同形式のゴムにも同じ事が。
あとベルトの長さとフレットの位置により、押弦しきれない事も。
価格面とどのような形状のネックにもフィットする利点はあります。

で、現在の第一候補としては

Planet Waves /PW-CP-05C Silver NS Dual-Action Capo

Planet Waves /PW-CP-05C Silver NS Dual-Action Capo
価格:1,995円(税込、送料別)



これは「バネ式」でありながら、「ネジ」で固定可能という
「ネジ式」の正確なピッチと「バネ式」の素早く装着可能という
利点を併せ持つ(と思える)モデル。価格も手頃でいいですね。

あっ!忘れてました チューナーも忘れ物してました...
となれば、やはり以前も書いたことのある



「バネ式」「ネジ式」を合わせもち、
さらに「チューナー」までを合わせもつ↑↑も一考か?

...でもそろそろ決めなくちゃ(汗)。