アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHAアコギ 「FG-250D」と「FG-300D」と相棒と意地

昨日も書いたベースアコギを買って
ライブ用として気楽に弾けるモノを手元に置きたい...
そんな思いが少し前からのマイブーム。
なので、3万円程度の価格帯のアコギを結構眺めることが。

そんな中、懐かしいアコギを発見。

YAMAGA FG-250D

『YAMAHA FG-250D』

1980年代に発売されたこのモデルは、モデル名のとおり「定価\25,000」。
実は自分が所有してたアコギではなく、

高校時代の相棒が所有してたモデル

1年の1学期早々に彼はこのモデルを購入し、僕は借り物のARIA。
そんな我慢の時期を通り越して、冬休みにやっと僕が買ったのが...

YAMAGA FG-300D

『YAMAHA FG-300D』。

定価\30,000のモデルですが、別に意地でこのモデルを買ったわけでなく(笑)
「FG-250D」にない貝のセルバインディングがカッコ良かったから。

..ん?やっぱり意地だったのか?


そんな意地の「YAMAHA FG-300D」を思い出させてくれた「FG-250D」。
残念ながらそんな意地のモデルはもう僕の手元にありませんが、
当時の相棒Mは、今でも持っているのか?

もしどこかで「FG-250D」を見つけたら

相棒へ懐かしさから購入しちゃうか、それとも意地か?

今度はどちらの感情が心の中でおこるのか自分でもわかりません。