アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

D'Addario(ダダリオ) コーティング弦「EXP16」を試してみて

ピックやストラップ等アコギに関わるグッズは
あれこれと試したりするものの、
弦に限っては、今使っているのがノートラブルなので
長い間同じ弦を使用してます。

それがコチラ↓↓



フォスファー弦の定番中の定番であり、

・中高音がややキラキラしすぎる?
・サビのるのがやや早いかな?


と思う事があるものの、困った時にはコレって安心感が。
その安心感を大事にしながら愛用してます。

で、先日カポタストを購入した時に
おまけでついていたコチラの弦↓↓



この弦は、「K-YAIRI」の工場出荷時の弦なんですが
あらためて使用してみますと違いを感じます。

コチラはコーティング弦。
コーティング弦といえば、エリクサーの弦を使った事がありますが
その独特のヌルヌル感に違和感を感じたもの。
この弦は違和感がなく、そしてコーティング弦の長所の

『寿命が長い』

をしっかり実現しており、結構いいです。
その長い寿命は、音のシャキシャキ感であり
錆びない弦の表面であり、技術は進歩していると感心しました。

そのシャキシャキ感をやや硬い音と感じるのと
シャキシャキしている分、普段使っている弦と比較して

・テンションが高くなったようで、ちょっと痛い

感が。まったく同じライトゲージ「012」なのに
やや太い弦を使っているような気も。

で結論。

しばらくはEXP16(コーティング弦)を買うことにしようかと。

クセの無さといい、音色といいEJ16(普通のフォスファー弦)かなと
思うも、それはライブの都度都度弦を張りかえていた場合の話。

2~3回に一度しか換えないズボラ物の僕には、ベターかと判断した次第です。