アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

カポタストレビュー 本番は『正確』なモノを、練習には『便利』なモノを

普段愛用しているカポタスト(カポ)は



コチラ↑↑でこの上なく、ツールとして秀逸したモノと実感しているも
先日も書きましたようにコチラ↓↓のカポを購入。

Planet Waves /PW-CP-05C Silver NS Dual-Action Capo

Planet Waves /PW-CP-05C Silver NS Dual-Action Capo
価格:1,995円(税込、送料別)



片手で素早く装着可能な「バネ式」にして
「ネジ」で固定可能なコチラですが、
日頃の練習、そしてライブで2度程使用してみて
自分にとっての使い道が決まった感じです。

まずライブで使ってみた感想から。
確かに片手でワンタッチで装着は便利なれど
やはり懸念した押弦機能がもう一歩。
しっかり押さえてないのか、音のビビりが発生します。

「ネジ」もあるんですが、この「ネジ」が硬く締めにくい。
最大のワンタッチ装着という利点があるにもかかわらず、
この「ネジ」を締めることにより、結局「ネジ式」より装着が面倒に。
あとピッチの狂いも少し気になります。

結論を言うとライブでは使えない事はないですが、

できれば僕はライブに使いたくないカポ。

ライブの本番では機能優先の前者をこれからも手にします。

しかしながら今回買ったカポが全く使い道がないわけではなく
日頃の練習では、このワンタッチ機能はやはり便利

音のビビりが発生するも、ライブ本番とは違い
そこまで神経質になる必要もなし。
次々と違う曲を練習したり、カバー曲をコピーする際にキーを合わせたり
カポをアレコレと動かす事って結構多い物。そんな時ワンタッチ機能は非常に重宝。

で、さらに思ったことが



チューナー付きのコレ↑↑なんか練習用にもってこい...かなと。
複数本アコギを弾き分けてますと、カポやチューナーを

『あれどこ置いたんやろ?』

なんて言いながら、ポケットをむさぼりながら探すこと多し。
小物はピックとコレ一つで済ますことが可能なのは便利そう。
究極の練習用として、いずれは検討したいアイテム。

練習の時は便利が小物のキーワードですね。