アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

クレイトンのアコギピック 同じウルテム素材なのに全く違う感覚

ますますピック選びが難しいなぁと悩んでおります。
コレってモノを選びたいのですが、これがなかなか。

今回購入したのは



結構あちらこちらで評判がよいこのクレイトンのピック。
レビューでは『コレでないとアコギが弾けない』って
おっしゃる方もいるぐらい。

『僕にもそう思わせて欲しい!』

って思い購入。本べっ甲に感覚が近いといわれるウルテム素材のピック。
ウルテムのピックは、コチラ↓↓



の某S村楽器が販売しているピックを持ってますが、
まずまずの印象。悪い印象がないピックです。

で、今回のクレイトンのウルテムピックですが
S村楽器のウルテムピックと比較して、

全然違います

逆にS社ピックが普通のセルロイド系と近い感じ。普通っぽいんですね。

クレイトンのコレの方が独特のタッチで、音も少し違う感じ。
言葉で言いにくいですが、「シャラ~ン」って感じのタッチと音。
これが本来の本べっ甲に近いウルテムのタッチなのか?

いずれにせよ非常に独特で、おもしろい感覚。
コレから付き合っていきたいピックに巡りあいました。

ただ、これ一つで事足りるかと言えば僕の場合は「NO」
若干アタック感に欠けるのを感じてしまうのが理由。
とは言えクセになりそうなこのピック。

ライブには絶対連れて行き、
ステージ上でポケットに入れるピック

になること間違いなしです。