アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

このアコギはいったいどんな大きさなのか? ボディサイズ名の不思議

アコギと一言でいっても、形やサイズが沢山あり
その中で何を選ぶのかは人それぞれの好み。

僕は『ドレッドノート』が好きですが
Martin(マーティン)にも、『OM』『000』等あり
音色の違うこれらのサイズを使い分ける方も
たくさんいらっしゃいます。

『ジャンボサイズ』と呼ばれるそのまま大きさを
しめすこんな名前のモデルがありますが、これが非常にややこしい。

『セミジャンボ』...
『ミニジャンボ』...


さらにはこんなモデル↓↓



説明を読んでみますと

『やや小ぶりなミニジャンボタイプ』ですと。

大きいのか、小さいのか分からないですが
ボディ名は不思議が多いです。