アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Morris(モーリス)の人面(?)アコギ WJ-50 スターも夢でない井手達

カバー曲をやるイベントにはかかせないアーティスト「アリス」。
ヒット曲『チャンピオン』をはじめ僕ら世代なら
誰もが知っているノリのあるナンバーが多く、皆で盛り上がるには最適。

さて谷村新司氏も堀内孝雄氏も大阪出身ってこともあり
勝手に親しみを持ちながら彼らのカバーをやっていたもの。
そんな彼らのアコギと言えば

「Morris(モーリス)」が有名。

「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」という
CMのキャッチーフレーズに彼らを重ねていたギター小僧が多かったことでしょう。
今でもモーリスのホームページを見ると、
彼らのシグネチャーモデルがあるよう、深い付き合いはそのままのよう。

さてそんな中で、印象深いアコギといえば
彼らが所有していたとされるコチラ↓↓

Morris WJ-50

『Morris WJ-50』
Gibsonギブソン)Everly Brothersモデルのコピーモデルで
通称クロヒゲと称される個性的なモデル。

この個性的なモデルをコピーする当時Morrisの勇気が凄すぎる!

人面アコギにして、ポジションマークは☆マーク。
ステージでこいつを弾けば、スーパースターも夢じゃないか。

...ただ中古でもすぐに売れてしまう人気ぶり。
ステージでスターになりたい人がいかに多いかが
よ~くわかります。