アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

表情が変わるサウンドホールの形と大きさ 音にはどう影響するのか?

例えば、アコギを絵で書いてと言われれば
真ん中にサウンドホールを書いて...となるように
あのサウンドホールの形と位置は、定番。

...と思いきや、『Ovation Adamas』のように
あの位置に、あの大きさ、あれだけの数の
サウンドホールがあるモデルも。

そんな事を思いながら色々見てみると、
変わった形のサウンドホールのギターって結構あります。





こんなの見てますと、サウンドホールって一つなのに
アコギの表情の「目」のようなイメージで
形が変わるだけで、ゆるキャラのような表情になる気が。

さて、このサウンドホールの大きさや形が
醸し出す表情以外に、音にどのように影響があるのか?

大きさと音の関係は、コチラで実験されてますが
ホールが大きい程音が大きく、小さい程マイルド傾向になるとのこと。

となれば、通常モデルよりサウンドホールが大きいコチラ↓↓



「Martin(マーティン)D-28CW」

径の大きいラージサウンドホールを持つモデルなので、
さぞかし音が大きくなるのかと思うと、そうでは無い模様。
出音のレスポンスは確かにいいようですが、
ホールが大きい分、共鳴するトップ材が小さくなるので
音の大きさ自体は変わらないよう。

やっぱり、一番見慣れている「サウンドホール」が
誰が見ても一番「男前」に見えるように、
音も万人向けにベストな形なのかも知れませんね。

※参考サイト:http://www.yamaha.co.jp/plus/folk_guitar/?ln=ja&cn=11603&pg=5
         http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106882783