アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギと弦 音色は好き好きなれど、太さは製作者の意向に従うべきか?

アコギを始めたのは、中学時代。
長渕剛氏の真似をしようと思ったのがきっかけ。

当時の彼のアルバムで



HEAVY GAUGE」というアルバム(僕の場合はこのアルバムまでが好きな時代)
があり、タイトル曲にもなった最後のナンバーが

『僕のギターにはいつもHeavy Gauge

当然彼も弦はヘビーゲージを使って弾いているもんだと
少年は思って何も知らず真似しておりました。

何も知らず...1つは彼が当時ヘビーゲージを使ってなかったってこと。
もう1つは、弦の太さによってネックコンディションに注意が必要だということ。

ちなみに、国産の「K.YAIRI」「TAKAMINE」あたりは

出荷時は、ライトゲージ弦で出荷していること
ゲージの太さを変える時は注意、場合によっては調整が必要


とホームページに。
当時無知とはいえ、よく張力が強いヘビーゲージを使ってたもんです(汗)。

一方Martin(マーティン)のドレッドノート
出荷時ミディアムゲージとのこと。

多くはライトゲージなんでしょうが、購入時に出荷時の弦...特に太さを
確認しておくのは、メンテナンス上には重要な事。

...僕のように、弾いた後に弦をゆるめないタイプは
出荷時の太さを弦の方が、おそらくトラブルが少ないはずです。

※参考サイト:TAKAMINEのホームページ(FAQ)
         K.YAIRIのホームページ(FAQ)