アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弦 中間のMedium(ミディアム)がなぜ中間ではないのか?

以前から、いわゆる古いアコギを弾いて感じる

『ネックが太い』

という事。

ネックが太いと当然ながら押指に力が必要で
特に手が小さい日本人では大変。

ではネックが細ければいいのかというと一概にそうも言えず
以前コチラで書いたように、細すぎると弦の張力に負けてしまうおそれが。

実際ヤイリギター社(K.YAIRI)でも、70年代のフォークブーム時代は
もう少しネックが太く、ミディアムゲージが標準として製作されていたよう。
その後プレイスタイルが変わり、現在ではライトゲージが標準対応に。
ですので、ネックが当時より細いそう。

これ「K.YAIRI」だけでなく、
多くのメーカーがミディアムゲージを標準だったらしいです。
古いアコギを弾いてネックが太いと感じるのは、
一つにはこんな理由があったのかも。

多くのアコギ弾きの方が、ライトゲージを使われてるのに

ライトゲージの太さが『ミディアムでない』

のはこんな事情のなごりかもしれません。