アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

欲望の三段論法 故障か?がアコギ購入まで検討してしまう己の怖さ

メインで弾いている「K.YAIRI YW-1000」には
ライブでもガンガン使えるようにピックアップ(PU)をつけてます

ボディに貼るタイプのコンタクトピエゾのPUで
まだ電気臭さがなく、音色はまだ自然な感じの方向性。
その電気臭さを嫌がってか、電気を使わない

パッシブタイプ

を選びましたが、コレは少し後悔。

このままでは音が小さく、ライブ会場によっては
非常に使いにくいことも。
その小さい信号を増幅するために「プリアンプ」を使用。

と、そんなところに現在使用のプリアンプ(というかコレはマルチエフェクタですが)



「ZOOM A2」の調子が悪く、故障か?という状況。

こんな「ZOOM A2」の不調から始まった思い。

最初は『本当に故障かどうか調べよう』...それが

→ 『いっその事、後継の「ZOOM A3」を買おうかな』
→ 『今のPUから、前から気になってたPUに変えるか』 
→ 『ライブ用にアコギを1本いっとく?』

とまぁ欲望は天井知らず。


現実問題として、まずはこの価格を上限に対応策を検討せねば。