アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

同じセルロイドピックなのに、大理石が秀逸に感じる自分はおかしいか?

ピックというのは安いアイテムですが、
その違いにより、『音』や『タッチ(感覚)』が変わる重要なアイテム。
それだけにその選択には神経を使うもの。

僕の場合は『おにぎり型』のミディアムが基本。

そこに素材や形、硬さのその微妙な違いから
自分の好みを探す作業となります。

そんな中で今回は素材の話。まずは『ポリアセタール』
コレは手にした瞬間は絶賛した素材。
なにしろ吸いつくようで滑りにくく、ストロークアルペジオ
非常に弾きやすい素材。家ではほぼ満点な感じ。
ただライブなんかで感じるのがアタック感の物足りなさ。

次に『ウルテム』
爪に近い素材とされる人工べっ甲ですが、これ音が独特で『シャラ~ン』って感じ。
この個性が、やや楽曲を選ぶ感じがあるのが難点なのです。

で、結局。何が万能的なのかというと一番一般的なセルロイド
それもなぜかはわからないですが、全ての『セルロイド』ってことでなく
コチラ↓↓のような大理石っぽいパールホワイトのものが秀逸。



これ『Fenderフェンダー)』あたりでは、この大理石っぽいのを

プレミアムセルロイド

としてラインラップしているので、やはり何かが違うのか。

何度も気のせいかと思いながらも、この大理石の感覚は
他のセルロイドとは違うアタック感の強さであったり、音がクリアな感じであったり。

化学的な根拠は無いとしても
自分の感覚を信じて、手元にたくさ~んピックがあるにも関わらず

『大理石ピック』

を購入しちゃいます。