アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「絶版モデル」の魅力 今のモデルでその魅力が欲しいと思う

アコギを購入する際、「新品」か「中古」かという選択が。
楽器だけでなくモノを購入する場合、通常は「新品」を選ぶ方が
購入する側が、満足度も高いはず。

が、しかし

積極的に「中古」を購入する場合があり一つは「ヴィンテージ」。
もう一つは現在生産されていない絶版モデル。

そんな絶版モデルの中でも、オークションサイト等で
色々探しているのが、「K.YAIRI ENJOY Part1」

K.YAIRI ENJOY 1

スプルースの単板でサイド・バックはメイプル。

ヤイリギター社らしく、ミニギターであっても
トップには単板は設定してるあたり楽器として生み出そうという息吹を感じるモノ。

これで確か、当時(1990年代)3万円程度の価格設定。
良心的なモデルだったことがわかります。

現在もK.YAIRIでは、コンパクトなミニギターを製作してますが

価格が5万円~8万円程度

で結構なお値段(笑)。できるならば、

ミニギターらしく価格もミニ

でまたミニギターを販売して欲しいと思うのはわがままでしょうか。