アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ミニアコギ「S.YAIRI YM-02」 見た目だけでなく評価の高さに一喜一憂

先日近所のショッピングモールの楽器屋を
通り過ぎようとしたところ、こちらに向かって立っているギターが。

ミニギターサイズで、全面マホガニー
覆われたその姿は非常に愛らしい感じ。
思わず「じーっ」と眺めてしまいました。

『手にとってみられます?』

そんな店員さんの声。
あいにく用があったため試奏とはなりませんでしたが
家に帰ってさっそくそのアコギをチェック。



『S.YAIRI YM-02 MH』です。

店頭では、1万円程度のプライスタグがついてましたが
ネットでは1万円を切る価格がついているよう。

で、続いて評判をチェック。

この手、この価格帯のミニギターの場合

・所詮はおもちゃ
・チューニングさえ合わない
・楽器ではなく飾りになった

等と手厳しいレビューが多く、きっとそうだろうと
思ったところ...

結構評判いいです!

ちょっと抜粋しますと

・遊びで弾く程度にと思い購入しましたが、想像以上の音に満足
・K.Yairiのノクターンを買おうと思っていたんですが、これですっかり満足


フルサイズのアコギと音は比較にならないのは
仕方ないにしても、楽器として良心的でコスパ最高という評価が多いよう。

こんなのを聞くと、あの時の所用が恨めしい...。
こうなれば、また店の前から愛らしいミニギターを眺め

『手にとってみられます?』

って店員さんに言われに行くっきゃないでしょ!