アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ライブで使用の「ZOOM A2」故障により、次の機材を考えるの巻 Ⅱ

「YW-1000」に装着しているコンタクトピエゾのピックアップは
前回書いたようにボディの振動を直接信号に伝えるという事で
構造的にも、音的にも僕は一番自然と感じているタイプ。

しかし、その弱点と言えば

ハウリングがおこりやすい

コレに尽きると思います。

弾き語りなので、他の楽器に影響を受けにくいとは言え
僕もライブシーンで何度かハウリングの経験が。

となれば、故障した「ZOOM A2」のようなエフェクターを使って
リバーブがどうこうという選択は今回は無しなのかと。

パッシブの信号の弱さを補うことと
ハウリングを防止できること


このあたりを念頭に機材をチェック。
となれば、あちらこちらで評判のよい



『L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.』が第一候補。
ただもう一つD.I(ダイレクト・ボックス)の原理がわかってません(汗)。

Wikipedia(ウィキペディア)では

「インピーダンス変換と不平衡から平衡信号への変換」

と記述があり、余計難しいじゃないのって感じ。ただこんな心強い記述も

「ピックアップから出力される楽器本体のサウンドをよりクリアに」

そうです。目的はコレなんです。

ハウリング防止に、周波数帯を指定しカットできたり僕の要件にも
対応しているようなんで、機能的にはほぼコレかなと。

あとは予算だけですけど(コレが一番大事)。