アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギを色々なピックで弾き比べ 音はどれだけピックによって違うのか?

先日ヴァイオリンを弾いている方から

「弓によって音が全然違ってくる」

という話を聞き、ではアコギの場合で言うと

「ピックによっても音が全然違ってくるのか?」

という疑問が。
音の変化はありますが、はたして「全然」という部分を
確かめてみようかと。

e7f1ce2a.jpg


コチラ↑↑はネットで購入したピック達。

左上:SCHECTERピック(セルロイド)
右上:PICKBOY「Terry Gould」ピック(ポリアセタール)
左下:K.YAIRIピック(セルロイド)
右下:CLAYTONピック(ウルテム)


硬さはミディアム(0.8mm前後)。

弾いてみて音だけでなく、指に伝わる感覚の違いは
感じるものの、聞いている側にはどのように違いが伝わるのか。

果たして全然違うのか?

実際アルペジオやストロークを弾き比べてみました。



ん~...全然違うってことはないのかもですね(汗)。

でもヘッドホンやイヤホンで注意して聞いてみると
はっきりとした違いはあります。

「ポリアセタール」はやや柔らかめの音。
「ウルテム」はややシャラ~ンとしたきらびやかな音。


そんな風に感じます。
ただこの2種類の素材は、ピックと弦が触れる時に
弦の音ではなく、ピックの「ペタッ」という音が。
特に「ウルテム」はその音が少し耳につきますね。

「セルロイド」は基準となるような音でいたって普通。
しかし同じセルロイドながら
SCHECTERとK.YAIRIでは、少しの違いが。

K.YAIRIの方が、すこしピックの「ペタッ」という音を感じるのと
SCHECTERの方が全体的にシャッキっとした感じ。
コレは動画を見るよりも、弾いた時の手の感覚と音からの方が強く感じる事。

ピックの色で音が違うと聞いた事がありますが
以前書いたように

やはり大理石っぽいパールのセルロイドは

プレミアムなセルロイド

なのか!?

という事でどのシーンでも使いやすいと感じたのは



コチラ↑↑ですね。