アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

弾き語り ある意味アコギより重要でコレがあれば大盛り上がりのはず

明日12/6はライブというわけではないんですが
某フォーク酒場にお邪魔して弾き語りをする予定。

こちらでは、弾き語りも当然させてはいただくものの
ご来店のお客様の歌声にギターで伴奏をするってのもあり。これ

結構楽しいです。

予想以上に喜んでいただけたりします。
ただ知らない曲の場合は、おっかなびっくりですが(笑)。

そんなシーンで大活躍するのは

ギターでもなく、タンバリンでもなく

歌本

だったりします。

皆さんも見たことがあると思いますが、
「歌詞とコード」が記載された結構な曲数が掲載されている分厚い本。
これがまた結構高い


この手の本って同じようで、よく見ると
年代的に合わないってのが多かったりで危うくもったいなくなる本も。

コチラ↑↑は、最新の楽曲から僕ら世代まで
収められているようで、500曲充分に遊べそうな感じ。

パクるわけではないですが、オリジナル曲を作る時なんか
参考になるコード進行もありそうで、近々もとめようかと。

ただ心配なこと...。
お客様の横でこのような本を見ながら伴奏をしていると
アダルトなお客様が口ぐちにおっしゃる言葉。

『(字が小さくて)見えないっ!』

となれば...早く求めなければっ!