アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「立ち」と「座り」のアコギ弾き語り プレイアビリティの良し悪しと違和感

人それぞれと言ってしまえば、終わってしまう話ですが
アコギの弾き語りでライブをする場合

「立ち」か「座り」

どちらがやりやすいか。

アコギの弾きやすさ...これはもう「座り」に軍配。
どうしても左手のネック位置が「立ち」の場合、低くなるので
セーハコードの際に、手首を回しにくいのはご存知のとおり。

なので「立ち」でライブをするなら、「立ち」で練習しないと

本番で違和感を間違いなく感じることに

そう思って僕の場合、家でもほとんど「立ち」で弾いてます。

ところで、先日あるフォーク居酒屋で
お店のアコギを借りての演奏という事もあり

「座り」

で演奏を。これが全くもってグタグタな内容に(汗)。

・座っていたのでいつもと違う左手の距離感
・座りなので、声がいつも以上にでない


確かに上記の理由もあるも、なにより感じた違和感とは

座った際の足の置き場

座りながらアコギを抱える体勢がこうも難しく
『ベストな足の置き場はどこかな?』...等と思っているうちに演奏は終了。
コレも慣れが必要だと改めて感じた次第。



コチラ↑↑の教則動画の内容も、どうにも僕にはしっくりこないです(笑)。

要は本番と同じスタイルで練習しないと
「座り」も「立ち」のどちらでも違和感を感じるってこと。
とすれば、僕の好きな

『あぐらをかいて弾く』

のはどっちつかずで止めた方がよさそうですね。