アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

いいアコギが良い音を奏でるアコギか そんな単純ではない感性という要素

楽器...アコギというのは難しいのもので
製作技術が高く、いわゆる

いい仕事してますねぇ~(やや古)

というものが、いい音が鳴るとは限らないもの。

確かに製作精度が高いほど、経年による強度が高いと
言うことがあろうものの、音と比例するのかは非常に疑問。
例えば

K.Yairi JY-45N

K.Yairi JY-45N
価格:134,000円(税込、送料込)



「K.YAIRI JY-45」。

こちらは、かのGibsonギブソン)J-45のコピーモデルでメイドインジャパン
手先の器用で几帳面な日本の職人が作ったモデルだけに
品質は本家以上と言えるのかも。

が、作りは勝っていてもあのJ-45の

『ガツンとしたジャキジャキ感』

はあまりなく、どちらかと言えば煌びやかなYAIRIの音。

あのGibsonギブソン)らしい音は、製作技術でもなく
ある意味いい加減に作られながらも

『抜きんでた感性のようなもの』

で生み出されたとしか思えないわけです。

そもそも「いい音」という感覚も、人それぞれの感性。
ブランド、材料、製作技術等々色々な要素があるなかで

『感性』

などという見えないコレのフィッティングが
自分にとっての失敗しないアコギ選びなのかもしれないですね。