アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「TAKAMINE(タカミネ)」に持つイメージ 作り手側の思いとの乖離?

岐阜県中津川市にある「株式会社高峰楽器製作所」は
「TAKAMINE」として国内外のアーティストが
愛用しているブランド。

特にエレアコが有名で、楽器店で見かける「TAKAMINE」の多くが
ピックアップ(PU)のついたエレアコモデル。
一方PUの付いていないモデルをこちらでは

『ストレートアコースティックギター

と呼び、コチラ↓↓のようにきちんとラインナップ。

Takamine SA200 CT 【送料無料】

Takamine SA200 CT 【送料無料】
価格:277,200円(税込、送料込)


エレアコの他のモデルにも見られるものではありますが
コチラ↑↑の「TAKAMINE」ストレートアコースティックギターには
面白いポジションマークが。

マウンテンポジションマーク

「マウンテン」と呼ばれるポジションマーク。
「高峰(タカミネ)」という会社名も、中津川市の境にある

『高峰山』

から名前をいただいたとのこと。
「山」への想いが強く、「山」をテーマとした限定モデルも。

そんな敬意からか、このマウンテンのポジションマーク
彼らの想いの強いモデルに採用されているのでは...と想像します。

ちなみにこんな↓↓リバースタイプも。

マウンテンポジションマーク(リバース)

この『マウンテン』がエレアコだけでなく
ストレートアコースティックにもおごられている事。
作り手側から

エレアコと言えば「TAKAMINE」

という事はあろうも

「TAKAMINE」と言えばエレアコ

という事ではないっ!っと言っているようです。

※参考サイト:株式会社高峰楽器製作所のホームページ(会社沿革)