アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「アコギ」の弾き語りとソロギター どうして弾き語りが好きなのか

アコギを長い間弾いているわけですが、
周りでプレイしている方のスタイルが、
始めた頃と随分違うと思うことがしばしば。

「弾き語りよりソロギター」

が人気のように感じます。
確かに素晴らしいギターテクが学べてまた堪能でき
人気なのも納得。

僕が始めた中学の頃のソロギターと言えば中川イサト氏』
歌が上手くない僕に対して、露骨にインストのソロギターを
進めてきた人も(笑)。

何曲か練習したものの、もう一つのめり込まず
ずーっと弾き語りを続けてるのは、
アコギ同様「歌」が好きというのが一つ。

もう一つは自由にできるからということ。

その時のノリで、色々な奏法を組み合わせて歌う。
音の強弱はもちろん
時には、わざと走ったり(速くしたり)ゆっくりしたり。

むずかしい言い方ですが、プロの曲をやる場合も

ソロギターはコピー、弾き語りはカバー

という違いかなと。

弾き語りの奏法には、ストロークアルペジオ
スリーフィンガーカーターファミリー
これに色々なテクニックと歌声を合わせ
弾き手の個性が出やすいのが弾き語りだと思うのです。

ソロギターのインストに、自分の個性を伝える程
ギターテクが備わっていない男の言い訳かもしれませんが(汗)。