アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

学生時代に使ってたアコギ弦 「YAMAHAライトゲージ」の変わらない姿を見て

初めて自分で買ったのが「YAMAHA FG-300D」って
こともあり、当時使っていたのは「YAMAHAの弦」。



こちらのライトゲージですが、当時とまったく同じパッケージ。
見るだけで青春時代の思い出がよぎります。

当時も確か1000円程度の値段だったものなので
よく切る「1弦」や「3弦」のみをバラで弦を購入。
そう、よく店頭でコイツのバラ弦を売ってたもの。

が、この弦をもうかれこれ20年以上は使ってません。

なぜか?

音とかそんな問題ではなく、高いんですね結構。

評判では

『音に特徴がない、サステインがない、音が細い』

等と言われる事の多い、YAMAHA弦ではありますが
青春の思い出も手伝ってか

僕は好印象

を持ってます。
シャキっとして弦が鳴っている感があったと記憶が。

今でも購入を考えるも、「D'Addario(ダダリオ)EJ16」なんかと
比較しても1.5倍程の値段に尻ごみ中。

いや~青春の思い出は、高いものです(汗)。