アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ミニギターについて色々見て聞いて弾いてたどり着いた方向性

毎度毎度小さなアコギ、いわゆるミニギター系が
欲しい欲しいと言っては、試奏をしたり情報を仕入れたり。

色々見ているうちに、全てがいいように思えて
混沌としているような状態。
そんな中でも、はっきりとしないまでも
おおよその方向性は見えた感じ。
まずは

『本当のミニは少し考えモノ』

遊びとしては面白く弾けるも
楽器としては、あまりのミニサイズは
色々と不満がでて結局はオブジェ化の恐れが。

「チューニング音痴」にしろ「音」の問題にしろ
このサイズでのアコギ制作が難しいところに
廉価なモデルですとやはり『オブジェ警報発令』かなと。
次に

『できればマホガニーがいいか』

小さいアコギは全般的に「ポコン」とした軽い感じの音。
ならばブライトな明るいマホガニーがいいのかなと。
『あくまでも感じ...』ですが(笑)。
最後にメインアコギでないので

『あまり高いのは...』

これは単なる予算上の話(笑)。

で総合していみるとコレ↓↓なんがターゲットに。

Headway HCG-RB【送料無料】【smtb-tk】

Headway HCG-RB【送料無料】【smtb-tk】
価格:32,800円(税込、送料込)



全面マホガニー(合板ですが)ってのも雰囲気があってよし。
購入された方の評判も上々。

やはりニューヨーカーモデルと呼ばれるこのサイズの
パーラーギターあたりがアコギとしてミニマムなのか。

...方向性なんて言いながら、結局こんなおおまかこと。
『最初からわかってるだろっ!』って突っ込みはなしでお願いします(汗)。