アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

先輩から教わった教えⅠ 弾き語りは自分のソウルフルを知れ!

思いっきり先輩の受売りの話ですが
自分の一番おいしい「キー」を知れとの教え。

僕の場合は、「キー」が低いもので
特に最近のアーティストの曲をオリジナルキーで
カバーしたりするのは至難のわざ。

それを嘆いていたわけですが

「高い声がいいのではなく、ソウルフルであればいい」

自分の出せる最も高いキー。
この限界で出せるキーこそ、人は魂を込めてこそ出せるキー。
それゆえ

「ソウルフル」

で人に伝わる歌が歌えるのだと。

そして、このソウルフルなキーを自分で知ることが大事。
こう言われた時、少し気持ちが楽になった気が。

そう、人のカバーではなく
ライブではオリジナル曲を多く歌うわけで
オリジナルなだけに「ソウルフル」なキーを
その曲の中で一番おいしい場面で効果的に使えれば、
いい弾き語りになるはず。

ちなみに僕の場合は「ファ♯」かな?。

この「かな?」のやや自信なさげな部分。
そのわけを後日書こうかと思います。