アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

【ピック選手権】エントリーした10枚のピック達集結

以前からふつふつとピックの比較をしたいという思い
勝手に『ピック選手権』と名前をつけて始めましたが
ようやく比較エントリーの10枚が決定。

色々とあれにしようかこれにしようかと迷いましたが
常時自分が使用しないであろう(もしくは予算的に無理であろう
ってのは除いて選択。
...なので最初に言っておきますと、『選手権』と名乗りながら

本べっ甲はないです。
どうもすみません(汗)。

さて栄えあるエントリーピックはコチラ↓↓。

ピック選手権エントリーピック

上段の左側から
・K.YAIRI セルロイドピック
・SCHECTER セルロイドピック 
・PICK BOY ポリアセタールピック
・K.YAIRI PPSピック
・FERNANDES ナイロンピック

下段の左から
・HISTORY ウルテムピック
・CLAYTON ウルテムピック
・JIM DUNLOP トーテックスピック
・MORRIS デルリンピック
・V-PICKS アクリルピック


基本的に普段使っているトライアングルでミディアムを中心に選択。
デルリンはこの条件のピックが見つからなかったので1.0mmのハード相当。
0.88mmのトライアングルが見つかれば...と思ってますが。

あと素材でいいますと、セルロイドとウルテムが2つずつ。なぜか?

セルロイドは大理石っぽいパールホワイトがプレミアム(?)
って思っている感があるので、再確認の意。

ウルテムは『JIM DUMLOP』『CLAYTON』等の海外ものと
『TAKAMINE』『K.YAIRI』等の国内ものが手触りからして違うと思うから。そこで

海外ウルテムとして『CLAYTON』
国内ウルテムとして『HITORY(島村楽器のオリジナルブランド)』

を選択。こちらの比較も見物(あくまでも個人的にですが)。

というわけで、これらのエントリー選手を1枚ずつ

・音
・硬さ
・持ちやすさ(すべりにくさ)
・弾きやすさ(奏法別)
・アタック感


等を評価していきたいと思います。
...ん~やはりかなり時間がかかりそうですね。

※関連ページ:アコギピックの比較選手権?無謀と言うなかれ...そうやりたいんです
         【ピック選手権】ざらざらした黄色い奴 ジム・ダンロップのトーテックス