アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Martin(マーティン)の定番モデルと少しの個性 どちらが好きなのかも個性

全てに万能なもの、いわゆる完全無欠なモノと
いうものはなかなか見当たらないもの。
アコギはまさしくそうなのではないかと。

先日あるベテランアーティストの方との話。



Martin(マーティン)HD-28Vを愛用されている彼。
この愛器への惚れ込みはハンパなく、その音の素晴らしさ等を熱弁。
ちなみに彼は



スタンダードなD-28も所有されてますが
HD-28Vの特別におごられたブレイシングとの違いによる
個性のある鳴りを熱く強調。そこで

「では、一本だけ持てるとしたらHD-28Vですか?」(ふじみき)

と質問したところ

僕の場合は、そうやね」との答え。

「僕の場合」と強調された理由。場合によってはその個性が、
扱いにくいと感じる方がいらっしゃるとのこと。

例えば、レコーディング現場やライブ会場によっては
D-28の方が扱いやすく、だからこそスタンダードなんだと...
おっしゃる方もいるとか。

なるほど。

Martinとの比較はどうかと思うも
以前、「個性があまりない」ってのが個性のYAMAHAヤマハ)が
一番音を作りやすいとおっしゃってたPAの方を思い出しました。

個性...それがハマれば素晴らしい響きになり得るも
音源やライブなど万人へ向けての音の発信
最高の「普通」「定番」「スタンダード」がいいのか。

あくまでも「無難」ではなく、最高の...ということでしょうか。