アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

【ピック選手権】弱め~普通のアルペジオで音の比較で順位付け

先日より始めております『ピック選手権』
なかなかすすみませんが、今回は

弱め~普通のアルペジオの音

を比較して、自分の好みから順位を付けようかと。

まずおさらいとして、今回のエントリーピック達はコチラ↓↓。

ピック選手権エントリーピック

同じようなフレーズを弾いてみて、
弾きやすさや手触り等は度外視して、録画した音を聞き直して判定を。



↑↑の動画では最初に指弾きを、その後写真の左上から順に弾いてます。
何度も聞きながら、一応決めましたが順番を付けるのは難しい...です。

上段の左から
 a)K.YAIRI セルロイド:メリハリのある普通の音。普通ながら好感度高し。
 b)SCHECTER セルロイド:普通の音ではあるが、やや重めか。
 c)PICK BOY ポリアセタール:ちょっと輪郭の薄いボンヤリした音。
 d)K.YAIRI PPS:明るいブライトな音だが、深みにやや欠ける?
 e)FERNANDES ナイロン:ポリアセタール似。こちらがさらにボンヤリ。

下段の左から
 f)HISTORY ウルテム:セルロイド系っぽいが、ピックノーズがすこしあり
 g)CLAYTON ウルテム:明るさと深みの音。色々な表情の音を感じる。
 h)JIM DUNLOP トーテックス:セルロイドっぽい馴染みのある音に少しの主張が。
 i)MORRIS デルリン:音が全体的に重く、ピックノーズも気になる。
 j)V-PICKS アクリル:指弾きかと思わす奥深さ。ぬくもりを感じる音。

自分の短評としては、こんな感じ。
これは完全に好みによりますが、順位をつけるとすれば...

g)→j)→d)→a)→h)→b)→f)→c)→e)→i)の順

聞けば聞くほど真ん中あたりの順位は変わりそうですが
1~3位までは文句なく選んだピック。

CLAYTON ウルテムピックは、短評のとおりに
明るい音も深みのある音も聞こえるのが秀逸。ピックノーズが結構聞こえるも
それも含めて総合的に色んないい音を感じた次第。
プレイする側(表現する側)によりさまざまな表情をみせそうです。

V-PICKS アクリルピックは特徴的で、唯一無二の音。
指弾きのようなやわらかいぬくもりの音でインパクトでは一番あるも総合的に次点に。

3位のK.YAIRI PPSピックは特徴的な明るい音で選択。
以降はオーソドックスな音の中で、気になる部分を減点して順位付け。
いや難しいです(汗)。音だけ聞いて

『どれがどのピックって当てろっ!』

て言われても言い当てる自信ありません(笑)。

さて次回はストロークの音を比較してみようかな。もっと難しいかも。

※現在の総合順位
  1位.CLAYTON ウルテム(15点)
  2位.V-PICKS アクリル(12点)
  3位.K.YAIRI PPS(10点)
  4位.K.YAIRI セルロイド(8点)
  5位.JIM DUNLOP トーテックス(6点)
  6位.SCHECTER セルロイド(5点)
  7位.HISTORY ウルテム(4点)
  8位.PICK BOY ポリアセタール(3点)
  9位.FERNANDES ナイロン(2点)
 10位.MORRIS デルリン(1点)