アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Antique Noel(アンティークノエル) AM-1 オールコアなら肩ひじ張らず

コア材と言えばウクレレによく使われる材で
その見た目も美しさなかに、何かほのぼのと感じる温かさが。

音の特性もウクレレに使われるように
温かさを感じさせ、アコギでもサイド・バック材以外にも
トップにも使われる事も。

しかし材としては希少なんですが、なぜかそのキャラクターから
コアのアコギは肩ひじ張らずにニコニコしながら弾いてあげたい
...そう思ってしまうのは僕だけでしょうか。

高価なオールコアというアコギはありますが
やはりそのキャラクターから


コレ↑↑なんかを、キャラクター的に積極的に選びたいところ。

このミニギターのシェイプ。
下が安定しているミニギターでありそうでない感じ。
このAntique Noel(アンティークノエル)のAM-1には

・トップスプルース、サイドバックマホガニーの合板
・トップスプルース単板、サイドバックマホガニーの合板


があり、上記のオールコア合板が一番高価なモデル。
ですが音に関しては一番「ポコン」とした軽い鳴りと想像します。

しかぁ~し、

やはりここはオールコアを積極的に選びたい!
そうぬくもりを感じたい...そんなミニギターです。