アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

初心者が定めるアコギ予算で考えたモデル選び あのアーティスト好きへ向けて

某居酒屋で弾き語りをやっている際
有難いことに会社の後輩が。

さらに有難い事に、僕の演奏が終わった後

「なんかギターを始めたくなりました」

との言葉。
アコギ弾きにとってこの言葉が自分の事のように
嬉しく思うのは僕だけでないはず。

すかさず、初心者へのおすすめアコギについての
持論を展開しながら力説をスタート。

その勢いに圧倒されたのか、彼も購入の思いへ
傾いたかと思った頃に...

「1万円程度でないっすかね?」の言葉...。

日頃1万円程度の初心者セットが売られているのを
見ますが、なるほどと納得。
初めてアコギをさわれる方の予算ってこのラインなのだと。

「買うなら最初からいいアコギを買え!」とおっしゃる方も多い中
僕は「はまれば、次にイイの欲しくなる」って思う派なので
普及価格帯をすすめるものの、さすがに1万円では「う~ん」。

まてよ?

彼が好きなアーティストはGibsonギブソン)で有名
 → Epiphone(エピフォン)か?
飽きた時、次にイイ物欲しくなった時にも何かと使えるモノ
 → エレアコ


...となれば、コレか!



どうだろうか、I君。
一度頭の隅に入れて検討してみて欲しい。





I君以外の方には全くもって
関係のない話で申し訳ありませんでした。